Welcome!

Welcome!

2015/10/09

今すぐ幸せな気分になる秘訣(引き寄せの法則)



エイブラハム:
法則を理解してここまで来たあなたなら、
大きな望みを前にして
今この瞬間に、
意識的に幸せになることの大切さを
分かっていると思います。


幸せになることはつまり、
自分の内面と調和する
自分の思考を意識する。
自分の波動を調整する。
宇宙からのギフトを受取るために、
今この瞬間にいい気分になる。
それを、積み重ねてゆく。

毎日イヤイヤながら仕事をして
色々なことに不満を持っている人が、
たまった貯金を使って楽しいこと
をしてるときに、やっと幸せを感じる!
ということじゃありません。

日頃から意識的に「幸せを感じる」
ということをしてないと、
いざ「いいこと」が起きたとしても、
ちゃんと「幸せ」に浸ることが
できなかったりします。

不満を探すクセのある人が、
待ちに待った旅行に行ったからといって、
本当の意味で
ハッピー感に浸れるのでしょうか。

いつものように、
何についても不満ばかり言うのでは?

「飛行機の待ち時間が長くない?
今日は天気がいまひとつ良くないね。。。
まだ帰りたくない、
もっと休みがあればいいのに。。。」

その瞬間の幸せに浸るためには、
今、幸せを感じるという
日頃の習慣が必要なのです。

「エイブラハム、
とても参考になるアドバイスですね。
忘れないように書き留めておきましょう。
幸せになったら、幸せになる。つまり
お金が入ったら、金持ちになる。
ということですね?」
とあなたは皮肉るかもしれませんが。(会場。。笑)

今いる場所に安堵感を持ち、
小さな幸せ感にまめに浸ることで、
ハッピーな波動の勢いは増していきます。

波動は現実化するのだから、
そのうちに、周囲にイヤなことは
起こらなくなっていきます。

エスターは親友のバーバラと
旅行に行くのが大好きです。
バーバラは、
イヤな気分になるようなことを
徹底的に避けるため、どこに行こうと
ハッピー感がついてまわってくるからです。

空港のセキュリティに
並んでいたときのこと。

とある男性が、立ち位置を示す
床に貼られたテープを、1センチほど
靴の爪先で踏みつけてしまう
という大失態を犯し(笑)
必要以上に厳しい係員が彼に向かって
どなりつけるように注意をしました。

エスターはそれを見て、
男性がとても気の毒になりましたが、
バーバラはそんなことには
ちっとも気づきませんでした。
嫌なことは、タイミングよく目に入らないのです。
そして彼女の番になると、いつもの笑顔で
前に進み、さっきの係員は、
まるで別人のように丁寧な態度で
バーバラに接していたのでした。

そんなふうに、物事のイヤな部分を
見ないことが習慣になっている
彼女の周辺には、

常にハッピー感が引き寄せられる。

自分が日々、
積み重ねてきた気分の良さが
ハッピーなエネルギーとして周囲に放たれ、
結果として、
ハッピーなことが現実化してゆく。

そんなことを意識的に続けていると、
そのうちに周囲の人たちも、
あなたがいつもラッキーで、
小さな奇跡を起こし、
何をするにもタイミングが良いことに
気づきはじめることでしょう。

その秘訣を聞かれたら、
答えはただ一つです。。


「ハッピーでいること。」

そして、こんなふうに
説明してあげてください。

朝起きたときに
こんなふうに1日を過ごすのだと
決めるのです。

ハッピーになれる思考を探そう。
感謝できることを、丁寧に一つづつ
見つけてみよう。
感謝に浸れば浸るほど、
自分の波動は上がってゆく。
閃きやインスピを大切に受け取ろう。
宇宙の存在を感じよう。
そして、自信を持とう。

他者に優しく、愛情豊かになろう。
自分の中に湧き上がるエネルギーや
やる気を大切にしよう。

ハッピーでいることで、
良いことが次々に起こってくる。
それが法則であり、
私がその証明なのですよ。と。





エイブラハム・ヒックスのワークショップ
Happiness is right time, right place, inspiration

の最後の部分をもとに書きました。
日付がないのですが、数年前のものではないかと思います。

0 件のコメント: