2015/10/05

同棲・結婚をする前に




女性:
5年間つきあってる彼が
同棲しようと言い出して、
ワクワクしているのですが、
ちょっと不安というか。

日々私が心配していることは
現実化しないかもしれない、
と思ってみても。。。

エイブラハム:
現実化しますよ。
(会場・笑)



だから、心の準備ができるまで
もう少し待ちましょう。とも
言えますね。 

女性:
そうなんですが、私の大家が2日前に、
私が借りてる家を売ることになったと
言ってきて、どちらにせよ出ていかないと
いけないんです。

エイブラハム:
これまでに色々な人たちと
接した結果から、
「自分にとって相性の良い人」を
パートナーに選びたい、と思う人が
大半だと思います。同じ物が好きで、
色々な意味で身体の相性が良くて、
インテリアの趣味も似ていて、
睡眠時間も似通ってる人がいいし
。。。などなど。

でも、そうしたリストなど、
「自分が自分自身とアライメントしている」
ことの大切さに比べたら
あまり意味をなさないのですよ。

その状態でいると、
波動的に自分とぴったりな人を
必ず、引き寄せることができる。

あなたは彼と5年間も一緒にいたのだから
相性は良いのだろうけれど、
もっと早くに同棲に踏み切らなかった
理由や不安もあるわけですよね?

だから、今回、同棲するにあたって、
無条件の愛について考えてみることを
薦めます。
それは相手を変える、
ということではありません。
相手への条件も考えない。

2人にとって一番大切なのは、
一緒にいるときに感じる楽しさ、
幸福感、一緒になれるワンネス。
そういう感情を大切にすること。

(すると、その波動が、自分たちが望む
良い状況をどんどん引き寄せてくれたり、
問題を
消してくれる

でも、今のあなたはその感情に浸ることを忘れて、
相手の条件に気を捕らわれてしまっています。

自分にとって都合がいいこと、悪いこと。
そんなことを考えて、
不安になってしまっているのです。
心配の感情が生まれるのは、
条件づけの幸せを
求めているからなのですよ。

自分にとって不都合なことがあると、
ネガティブな感情が生まれてくるから
条件がついていない感情を探すべきで、
5年間も一緒にいた相手に対して
それができますか?

女性:
できる、って思いたいです。

エイブラハム:
条件を先に出しす思考癖は
あなたのためになりません。

同棲を始めるなら、
それを変えていかないと。

彼以外の誰とつきあおうと、
「ちょっとあの部分が嫌だ。」
「あの部分を変えて欲しい・・」
と思うに決まってるのだから!

恋愛関係(=人間関係)で一番大切なのは
あなたと、あなた自身の関係なのですよ。
あなたと、相手の関係ではありません。

自分の幸せを他人に依存しようとするから、
自分の幸せのために相手を必要としたり、
相手を変えようとしたりしてしまい、
それができないと不幸になる。
そして恋愛関係は終わってしまう。。。
そんなパターンに陥る前に、
こんなふうに思ってみましょう。
(相手に言ってもいいんですが)

私は、私自身とちゃんと関係を築いていこう!
無条件の愛について意識しよう!
今の私は、自分の幸せを、
少しばかり彼に依存している。
でも、彼に自分の幸せを
委ねる人生なんて嫌だ。
彼が幸せにしてくれないと、
幸せになれない人生なんて嫌。
そんな人生は望まない。
だから、いい気分になることを探して、
自分で自分を幸せにしてあげたい。

それが上手にできるようになったら、
そのときにはじめて
彼と一緒に、ずっと楽しく生きていける。
互いに互いを幸せにするためじゃなくて、
すでに幸せでいる私たちが、
もっと幸せになるために。

。。。

恋愛において欠乏を感じると、
それはもう、
無条件の愛ではなくなってしまいます。

「最近は、以前みたいに花を贈ってくれないし、
もう私のこと好きじゃないのかなぁ。」
などと不安になってきてしまう。
自分が幸せになるために
相手の行動(プレゼントなど)
を期待するべきじゃないんです。

独立心旺盛になれ!と
言ってるのではありません。
この世界を創造するエネルギーと調和して、
「自分」という存在を
相手といっしょに経験してゆく。
自分自身と調和しあった2人が共創してゆく
人生ほど素晴らしいものはないのですよ。

(会場、拍手)



エイブラハムのワークショップのCompatibility is secondary to alignment!をもとに書きました。

0 件のコメント:

Welcome!