あなたの感情は?

あなたの感情は?
「感情のガイダンス・スケール」はエイブラハム・ヒックスによるものです

2015/05/20

恋人と出会うには? 




女性:
恋愛関係について知りたいんです。

今の私は、本も出版したし、
セラピストとしてのキャリアも充実して
人生はうまくいっています。

エイブラハム:
でも、「一番欲しいもの(恋人)」
が叶ってないんですね?




女性:
そうなんです。
ここのところ、仕事に忙しくて。

フロリダであなたに会った直後に
2人の男性に出会ったのですが。。

(はっきりとは言っていませんが、
数か月前にフロリダで行われたワークショップ
に参加して、そこでもホットシートに選ばれて
エイブラハムと対話したようです。)

そのときは、仕事に忙しくて、
恋人探しをしていたわけでもなかったのに。
でも。。


エイブラハム:
正確には,
「恋人がいない。。。恋人がいない。。」
とドラムを叩きながら宇宙に
欠乏の波動を届けるのを
一時的に忘れていた。
ということですね。

以前のあなたは
ステップ1を繰り返すことで
行き詰まりを感じていました。

だけど仕事が忙しくなって、
恋人がいないという欠乏感が
一時的にでも消えた途端に、
2人の男性に巡り合った。

そういうことです。

はい。おしまい。次の人。
(会場。。笑)


女性:
そうなんですが、
でも、問題は、
結局、うまくいかなかったんです。

エイブラハム:
それは、問題なんですか?
彼らによって、
自分の欲しいものが明確に分かった。
だから、創造を見直す
チャンスを与えてもらった。
と考えられませんか。

女性:
そうですが、問題は、
別れはやっぱり辛いんです。
特にそのうちの一人と
ダメになったときは胸が痛くて。。
すごく傷ついちゃったし。

(問題は、と繰り返して言ったときに、会場が爆笑。
その口癖がイケナイのだと、
みんなちゃんと知っているのですね)

エイブラハム:
相手は、そのときの自分の波動に
マッチしていなかった。
それだけのことです。

悲しむのではなく、
本当に自分に合った人が
次にやって来るのだと
信じていれば、いいのですよ。

女性:
でも、それってすごく難しい!

エイブラハム:
あなたは他のことは叶えているし、
ここに座ってるじゃありませんか。

女性:
(さえぎるように)
だって、これは簡単だもの。
ここに座ってることを
ビジュアライズしたら座れちゃうわ。
(=エイブラハムに選ばれてホットシートに座ること)

エイブラハム:
本気で言ってるんですか!?
この椅子に選ばれる確率の少なさを知ってて
そんなことを??? 
(会場、笑いながら拍手。。)

女性:
そんなことを言ったら、
本の出版化とかテレビショーの仕事を貰ったことも
すごいのかもしれないけど、私にとっては
「男」の方がが難しい!

エイブラハム:
あなたさっきから「私の問題は」と
口癖のようになっているけれど、
それこそが、
現実化を遅らせている「問題」なのです。

他の多くの人たちのように、
今の「現実」を見つめすぎているのです。

うまくいってないことを問題化して、
それについて話したり
考え込んだりしていると、
なかなか叶わなくなってしまうのです。

「欠乏感」に焦点を当ててしまうから、
「ない」現実を引き寄せてしまうのですよ。

あなたは最近、
恋愛問題から意識を反らした。
欠乏感を忘れた。
すると、2人の男性がやってきた。

女性:
私はそのとき、
夢中で好きなことをしていて、
男のことは意識的に考えてなかった。

エイブラハム:
その通り。
どうすればいいのか、
ちゃんとわかってるじゃないですか。
「問題は」という口癖は辞めること。

「恋愛に関しては、
なかなかうまくいかないけど、
理想の男性像はちゃんとある。

宇宙はその彼がどこにいるのか
ちゃんと知ってるのだから、
私の準備ができたときに
絶対に引き合わせてくれる!」
と、宇宙を信じるのです。

そして、
「そのときまでに、焦ったりしたくない。
焦って、
理想以下の人を引き寄せたくない。
だって、
もう少し準備しておきたいから。
私が理想とする恋愛は、
人生に対して前向きで、
成長できる男性。
私に自分の幸せを依存しない人。。」

そんなふうに考えて、
理想像を考えながら、
その人がそこにいるような
気分になってしまいましょう。

引き寄せの法則は、
「あなたの波動にマッチした相手」
を運んできてくれます

もしも今、
少し揺らいでいるあなたが、
自分の波動にマッチした男性を引き寄せたとしたら、
やはり同じような心情の人を引き寄せて、
結局長く続かないかもしれません。

今のあなたが、
誰にも出会うことができないというのであれば、
引き寄せの法則は、
あなたに、
そうしたガッカリ感を与えないように
してくれているのです。

それは、
宇宙からのギフトなのです!!

まずは、理想の彼とラブラブデートしてるところを、
わくわくしながら考える。
そのときの感情を感じてみる。
彼のジョークにウケたり、
目を見て互いを理解したり、
彼の鼓動を感じながら眠りについたり、
そんなときの感情を感じてみましょう。

そんなことに慣れていなくて難しいというのなら、
練習してみましょう。

そうしているうちに、
宇宙を信頼するようになり、
欠乏感が消えて、
焦ることもなくなり、
不安もなくなり、
恋人たちを見ても苛つかなくなり、
なんだかワクワク感がやってきたら。

もうすぐですよ。

欠乏感や執着が消えるほど
何か別のことに夢中になって、
いい気分でいるとき、
ふと、彼が現れます。

互いに「あ、この人だ!」と分かるはず。

そのときには、
「本当にこの人でいいのかな。」
なんていう悩みもなくなってるはずです。

そして、
あまりに素敵な人を引き寄せた自分に
驚いてしまうことでしょう。


★エイブラハムのWSの人気対話Love - How To Find the Perfect Man
をもとに書きました。WSの日付、場所は不明です。