あなたの感情は?

あなたの感情は?
「感情のガイダンス・スケール」はエイブラハム・ヒックスによるものです

2015/05/12

願望の現実化が遅れる理由


エイブラハム;
こうなったらいいなぁ.という願望よりも

「それ」が今、ここにない!
というガッカリ感、つまり欠乏感の方が大きければ、
願望の現実化は遅れてしまいます。




ワクワクできないでいるのは、
今、ここに「ない」現状を
見つめすぎているのです。

「ない」というガッカリ感の波動によって
それが現実化されている。

「現状が変わらない!ちっとも良くならない!」

と言う人たちも、実は、ちゃんと変化しているのですが、
同じものに変化し続けているだけなのです。

例をあげると、ジェリーとエスターは、
ホテルに泊まったときに
必ずルームサービスの朝食をオーダーします。

前の晩にドアノブにオーダー票を
ぶら下げておくのですが、
たいてい、翌朝になっても、
それはぶら下がったままになっています。

どこの州の、どこのホテルに
行ってもそれちゃんと起こります。

今朝だってドアをあけたら、
やはりいつものように
昨晩つけた朝食のオーダーがまだ
ドアノブにぶら下がっていて、
オーダーは通っていませんでした。

キッチンに電話をすると、
「混んでるから、相当遅れますよ。」
と丁寧に
言われてしまいました。

エスターたちは苛立ったものの、
毎回そういう目に遭うのは、
自分たちの思考パターンの
現実化にすぎないと理解しているため、
従業員を責めることはしません。

起こって欲しくないことが、
時間と場所を変えて、

繰り返し変化しているにすぎないのです。

2人は、前のホテルで同じことが起きたときの
ガッカリ感をちゃんと引きずっていたのです。

毎回起こることだから、
また起こるだろう、という考えが

無意識に生まれてしまっていて、
その波動が、オーダーをちゃんと取れない
スタッフを引き寄せてしまうのです。

解決法は、
そうしたパターンに気づいたときに、
相手や周囲、環境を責めるのではなく、
自分の思考をチェックする。

すべてがうまくいってるときに、
「自分で人生を創造してる!!」
って言いたくなると思いますが、
その反対もそうなのですよ。

人間はたいてい、目の前で起こっている状況を見て、
そのことについて考え、
その思考に見合う波動を出しています。

今、幸せな状況にいるのならば
それでいいのですが、
変わりたい、と思っているのであれば、
違う方向を見なければなりません。


エスターとジェリーは住みやすい家に住み、
楽しい仲間がいるし、心から愛する家族がいます。
健康だし、前向きだし、すべてがうまくいっています。
ただ、いまいましいホテルの朝食が
。。。。。(会場・笑)

そんな朝食うんぬんで。。。
と思われるかもしれませんが、彼らにとって、
時間の浪費は絶対に避けたいこと。
(ワークショップの前なのだし)

だから、他のことがうまくいっていたとしても、
朝食が来ないことにして苛立ってしまうとき、
その感情を浄化しないでいると、
「なんだかついてない1日」
が始まる可能性があります。


何をやってもうまく行かない
イライラすることが多い。。
そして、次のホテルでも、
また同じことが起こり得る。

だから、波動を浄化してほしいのです。

そんな時間はありませんか?
大切なことですよ。
15分から30分でいいのです。
楽しい時間になるかもしれません。

その浄化によって、
その日に気分良く過ごせるばかりでなく、
その問題だって解決するのです。

エスターたちだって
ちゃんとそれについて浄化すれば、
朝食が届かないという
毎度の問題から解放されるのです。



★エイブラハム・ヒックスの公開ワークショップ動画
Clean up your vibration, it is where you last
left itをもとに書きました。
WSの日付は不明ですが、古いもののようです。


0 件のコメント: