Welcome!

Welcome!

2015/05/16

セックスレス



女性:
結婚生活において,
夫とラブラブ感がなくなってしまったのが、
唯一の問題なんです。

エイブラハム:
もちろん、そうでしょう。
あなたは、2人が
「親密さにかけている」と決め、
そのボタンを押し続けているのです。


そして、欠乏感を抱えたまま、
今の状況から逃げ出したくなっている。

その結果、
ますます同じような状況を
引き寄せているため、
親密さどころではないでしょう。

ラブラブのときの感情を思い出してください。
愛情に満ちていて。。





女性:
もっと愛して欲しいし、
愛情表現もして欲しいんです。

でも、夫は完璧主義で、
私との時間を大切にするより、
家事をきちんとやったり、
家計のやりくりに忙しい。。。

エイブラハム:
親密さがないために
自分は幸せになれないのだ。
と、言い聞かせている部分がありませんか。

幸せになれない「理由」を決めつけ、
そこでくすぶっているから、
「幸せになれない」
状態を現実化させているのです。


今のまま彼のもとを去ったとしても、
あなた自身の思考と
感情(波動)を変えない限り、
その状況は今後もついてまわります。

それより、
思考を変えることで、
自分の人生を創造できるのですよ。

幸せになれない
「理由」や「原因」の根本なんて

自分でなくしてしまえばいいのです。

あなたが欲しがっている
「親密さ」「ラブラブ感」
は、そこにちゃんと存在しています。

「ない」という体験をして
「欲しい」と思った瞬間に、
その思いは宇宙に放たれました。
(法則ステップ1)

だから、
それは、すでに、「ある」のです。
(法則ステップ2)

あとは、あなたが引き寄せるだけ。
(法則ステップ3)

そのためには、
「欠乏感」を眺めて、
「自分にはそれがない!」といった
波動を出さないこと

どこか別の部分から
いい気分になるようなことを探して、
波動を上げることができれば、
親密さだってやってきます。

彼に頼るのではなく、
あなた自身が、いい感情を探して
波動をあげるしかないのです。




女性:
自分で創造する法則のこと
理解しています。
随分と色々なことを引き寄せ
現実化させてきたのだし。

普段から自分と調和して、
自分らしくやっているとは思うのです。

エイブラハム:
エスターは、幸せな家庭に育ち、
いい気分を感じながら成長したのだから、
そうした波動を出すことは
たやすいことだ、と言います。

でも、意図的な創造とは、
自分が幸せになる理由を外してしまう。
そのレベルまで行くことです。

「~がないと、幸せになれない。」
という欠乏感をなくしてしまう。


女性:
ケミストリーは?
私は彼とケミストリーが欲しい。
(ときめきを伴った情欲)
でも、そこにはないんです。

エイブラハム:
今のあなたが、
欠乏感を抱えたまま彼のもとを去ると
それは一生ついてまわるでしょう。

そうした欠乏感を、
ちゃんと修正してないから。
次に出会った人とも、
セックスレスになるでしょう。

そのあとで10人と出会ったとしても、
きっと同じことの繰り返しです。

あるいは、ようやく、
それが満たされる人に巡り合った
としても、その人は今の旦那さんに
あるものに欠けてるかもしれません。。
仕事も家事もこなせず、
家計のやりくりなんかできない
万年金欠で、その部分で満たされない。

だから、まずは、ここに立ち、
今の状況を変える。

自分の人生を創造する。
こんなふうに言うと、
「あああ!
なんでいつも私が変わらないといけないのよ?」
とうめく人がいますが、

条件つきの幸せを求めている方が
思考を変えないといけないのですよ。



エスター・ヒックスのワークショップ
What about lack of chemistry?
もとに書きました。

突然終わった短い対応だったので、法則を理解して色々引き寄せている質問者も
ちょっと納得
いってなかったかも。愛が欲しいけど、自分の方から与えてないし、
色々してくれる旦那さんに
感謝もしていない。
そもそもは、そこに問題があるような。。。。