あなたの感情は?

あなたの感情は?
「感情のガイダンス・スケール」はエイブラハム・ヒックスによるものです

2015/06/20

エイブラハムの「感情のガイダンススケール」について



女性:
ステップ3の、
願望現実化の受け取りについてなんですが。

エイブラハム:
今差している、傘を降ろすこと。

傘を差すことで宇宙からのギフトを
ブロックしてしまうからです。
傘は抵抗力のことですよ。





女性:
抵抗力?

エイブラハム:
抵抗力について考える必要はありません。

自分が傘をさしているかどうかは、
自分の感情を見れば分かります。

ネガティブになっているとき、
あなたは傘をさしています。
そして、
宇宙が与えてくれようとしているものを
ブロックしてしまっている。

今のあなたがすべきことは、
それに気づいたときに、
すぐに他のことを考えるということ。

意識をそらすという方法で
傘を降ろす。
それを、まめにするのです。

くれぐれも、
傘について考える必要はありません。

これを習慣づけるまで、
この法則を心から
理解することはできないでしょう。

女性:
私はいつも感謝しているし、
落ち込んだ気分から解放されてほっとしてる
状態なんです。
以前より、ずっといい状態。

エイブラハム:
もっともっと素晴らしいことが
待っていますよ。

女性:
いつになったら
それはやって来るのでしょうか?

エイブラハム:
ほっとしているような状態を過ぎてから。

女性:
ちゃんとそこにいるんですが。。

エイブラハム:
それだけじゃ足りないのです。
魂が喜ぶようなエクスタシー、
純粋なワクワク感。
無我夢中で我を忘れるくらい
イキイキとした状態にならないと。

女性:
そんなこと言っても。。。
サンセットやサンライズを見るときに、
気分が良くなるとはいえ、
それ以外では、めちゃめちゃなんです。

エイブラハム:
今、また傘を差してしまいましたよ。

女性:
自分の気持ちに正直になっただけです。

エイブラハム:
落ち込んだ気分から解放されている状態だと、
さっき言ったばかりじゃないですか。

せっかく傘を降ろしていたのに、
今はまた差している。

女性。
よく分かりません。
サンセットとサンライズを見るときに
気分が良くなる、というのは本当です。
でも、それ以外のことなんて、
何が楽しいというのでしょう。
(超投げやり。。)

エイブラハム:
ええ、そうですよね。
人生なんて、つまんない。
(皮肉か?)

でも、あなたは、
夢に描いた自分の姿に
ちゃんとなれることができるのですよ。

絶望しているとき、
復讐したくなることがある。
復讐はよくないけれど、
絶望より、少しマシになった証拠です。

そんなふうに少しづつ、
いい気持ちに近づいてゆくのです。

*****

突然ですが、
エイブラハムの『感情のガイダンススケール』
↓ あなたはどこ?


1.喜び/智/溢れる活力/自由/愛/感謝
2.情熱
3.興奮/没頭/幸福感
4.ポジティブな期待/信念
5.楽観
6.希望
7.満足
8.退屈
9.悲観
10.フラストレーション/イライラ/我慢
11.圧迫感
12.落胆
13.疑念
14.心配
15.自責
16.挫折感
17.怒り
18.復讐心
19.憎しみ/激怒
20.嫉妬
21.不安(身の危険)/罪の意識/無価値
22.恐怖/悲嘆/憂鬱/絶望/無能


*****

今すぐに愛や喜びに満ちた気分に
なれないのであれば
無理することはありません。

今のあなたが「希望」を感じようとすると、
「どうせ私なんて」というような
抵抗感が生まれやすいから。

女性:
ええ、まさにそう。
希望なんて大嫌い。

痛い思いをたくさんしたから、
もう希望なんて持たないことにしてるの。
(やりづらいゲスト。。。笑)

エイブラハム:
まあちょっと聞いてください。

あなたの心(波動)は、
水に浮いたコルクのように
軽く浮かんでいるべきなのです。

生まれてきたときの魂は
そんな波動をもっていて
幼児のときは、プカプカと楽しく
浮いていました。

でも今は、
色々な制限や圧力により
底に沈められてしまっています。

宇宙に繋がるためには
(そして望みを叶え
宇宙からのギフトを受け取って
楽しい人生を送るためには)
水面に浮かび上がることが
必要なのです。

それなのに、多くの人たちは、
それをしない。

これまでに積み重ねあげられてきた
思考パターンがあまりに重たくて
浮かび上ることができないのです。

実にたくさんの人たちが、
あなたと同じように、
ここで止まってしまっています。

でも、
どうして状況が変わらないのか。
そんなことを考えるのは
無駄なのですよ。

コルク(心)を浮かび上がらせるには、
意識的に「いい気分」になること。

あなたはサンセットを見て
いい気分に浸っているのに、
わざわざ傘を取り出して、
美しい太陽を隠してしまう。

そして、あれ、太陽はどこ?
どこにいっちゃったの?
と嘆いている。

だけど、太陽はそこにあるのですよ。
あなたが傘で隠しているだけなのです。




エイブラハムヒックスのWSの対話
You are closer to a breakthrough than you think
をもとに書きました。月日と場所は分かりません。
3年以上前のものかもしれません。
かなり人気の動画のようです。

ここに出てくるゲストの女性は、
状況が良くならないことに
頑固に苛立っている状態なので、
エイブラハムも時に苛立ちながら(?)
励ましていました。
でも、それはみんな同じこと。
彼女が最後になんとなく
理解したときはみんなが拍手喝采だったし、
Youbuteのコメントにも共感や感謝の
温かい言葉が(今現在の時点で)目立ちます。






↑感情のガイダンスが書かれています