Welcome!

Welcome!

2016/03/26

家族を変える ★



女性;
だんだん軌道に乗ってきて
波動の高さを保てるようになってきました。
でも私の家族が。。。
彼らはそうじゃないんです。

エイブラハム;
彼らがそうじゃないと思うのであれば
あなたもそうではないのです。


会場、うぉーというどよめき

エイブラハム;
少々難しいかもしれませんが、
あなたが本当の意味で軌道に乗り
高い波動を保てているのであれば、
周囲とは無関係でいられるし
他人がどんな気分でいようと、
どんな行動をとろうと、
自分の波動に影響されることはない。

それどころか、
彼らの行動や思考が
面白いと思うかもしれない。
興味深いと感じるかもしれない。
でも、
それによって不安になったり、
心配したり、ガッカリしたり、そういう感情は
生まれないはずです。

女性;
そのことについて心配するということは
私の波動はそれほど
高くないということなんですね。。

エイブラハム;
心配や不安という感情を抱きながら
波動の高さをキープすることが
できないからです。


「私は波動の高さをキープしたいけれど、
あなたも一緒についてきてくれないと
それができない。
だから、お願いだから波動を高めて。
それを確認したうえで、私も波動を高めるから。」
と言ってるようなものなのですよ。

自分の幸せのために相手を変えようとする。
条件つきの愛、ということです。

女性;
これは自分の問題だから
そう思ってたわけでもないのですが

エイブラハム;
引き寄せの法則は、
自分と違う波動のものを
引き寄せることはできない。

誰かが、あるいは何かが
あなたの気分を沈めてしまったとき。
それによって、悲しくなったり、落胆したりしたとき、
そして、その感情の中に浸ってしまったとき、
常に「幸せ」に浸っているあなたの内面と
悲しみを感じているあなたが綱引きをはじめて
相手に怒りをぶつけてしまう。

でも人間は誰だって、
相手や状況にかかわらず
幸せな気分を維持することができる。

その能力があるのです。
それを完全にマスターすれば、
怖いものがなくなってしまう。
誰もあなたの幸せをおびやかすことはできなくなるのです。

この教えを学び続け、
瞑想をし、プロセスを楽しんでいる人たちが
「すべて順調にやってるのだけど、
ただ、職場の人たちが本当にネガティブで。。」
と不平を漏らすことがよくあるのですが
裏を返せば職場の人たちが
自分の幸せをおびやかしている、
ということです。

あなたの内面は、
あなたが意識を向けたものに対して
注意深く選択を続けています。

一方で、あなたが特に何も考えることなく、
嫌なこと、困ったこと、楽しいこと、
不安なこと、苦しいこと、
そういったすべてのことに
意識を向けて感情を生じさせれば、
あなたの内面のフィルターに引っかかるものが
増え続け、双方がどんどん分離してしまう。

だから内面とつながるためには、
小さな練習のつみ重ねが必要になるのです。

世界中の人々が、相手に向かってこう言います。
あなたは変わるべき。
もっとこんなふうに考え方を変えれば?
その習慣をやめて。

でも、
他人はあなたのために変わったりしない。

それを、ちゃんと理解してください。

変わるために生まれてきたのではないのです。
あなたの幸せのために、
他人が変わる必要なんて、さらさらない。

あなたが幸せを感じるのは、
あなた自身の責任におけるもの。

自分を幸せにすることを、
楽しい趣味にしてしまえばいい。

女性;
趣味?ははは。。。

エイブラハム;
そう、楽しい趣味です。

趣味は何?と聞かれたら、
「自分とのアライメント」、と答えればいい。

会場、大笑い

「なにそれ、教えて?」 と聞かれたら、
「とても楽しいよ。
どこにいてもできるからすごく簡単。」
と説明しましょう。

周囲を見回して、
いいなと思うものを見つけてみる。
ありがたいなぁと思うことに目を向けてみる。
最初は練習が必要かもしれないけれど、
それを毎日繰り返しているうちに、
いいなぁと思うこと、
ありがたいなぁと思うこと、
そんなことがどんどん身の回りに起こってくる。
もっともっと勢いがついてきたら、
いいことしか起こらなくなってくる。
嫌なことは、簡単に目に入らなくなってくるしね。

慣れるまでは、なんとなく嫌な思考が浮かんでくると、
どうしてもそこに留まってしまったりするものだけど、
いい気分でいたいという気持ちが強くなればなるほど、
集中力が高まってくる。


エスターはその昔、ジェリーに言ったものです。
内面のガイダンスシステムは素晴らしいものだけど、
ネガティブな思考を始めたとたんに
歯が抜け落ちる方が効果的じゃない?
だって、ささいなネガティブ思考は気づかないことがあって、
それはどんどんどんどんどんどん大きくなるから。

どんどんどんどんどんどんどん大きくなる。
そして最後には、自分と調和するよりも
相手や状況を変えようとしてやっきになることになる。

人間は誰だって、
なりたい「自分」になる自由があるのです。
そして、コントラスはちゃんと受け入れる。
他人のコントラストはあなたのコントラストでもありえるけれど、
それによって、あなたも成長するという恩恵を受けるのですよ。



★2016年2月27日にCAで行われた
ワークショップの対話 Nobody can treaten your happiness
の前半部分をもとに書きました。忠実な訳ではありません。
CAでのワークショップが多いですね。。


6 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

いつも更新を楽しみにしています。毎回新たな気付きがあり、過去の記事も繰り返し読ませて頂いています。ありがとうございます☆

Serena さんのコメント...

コメントありがとうございます!お役に立てて幸いです。

匿名 さんのコメント...

もう長いこと記事を読ませて頂いてます。その都度感動してコメントを残そうと思い書き始めますが、言葉にしだすと読み返した時に違和感を感じてしまい消してしまう繰り返しです。なのでただ感謝を伝えたいです。いつも本当にありがとうございます。

Serena さんのコメント...

匿名さん、ありがとうございます。その気持、わかりますよ。毎回同じ内容だし、コメント書きずらいブログだと思います(笑)。また遊びに来てください。

匿名 さんのコメント...

こんばんはー(*´ω`*)
いつも勉強させていただいてます( ☆∀☆)
疑問があるんですけど、たまにエイブラハムって矛盾してるなーって想うときがあって汗

期待してね
っていったり
期待せずに
っていったり…
人によって回答をかえてるってことなんですかね?(´・ω・`)

Serena さんのコメント...

匿名さま。
私の訳しかたが悪いんです。もしも時間がありましたら、不明な文章のある記事のタイトルを教えてください。見直してみます。期待という言葉は幅が広いので混乱しますね。
確信に近い期待があれば、焦ることも不安になることもなく、すんなりと信じることができるので、時間がかかったとしても、叶うという意味です。反対に、物事や他人の気持が自分の都合のいいように変化していくだろう!といったような期待感は、そこにコントロールが働いてしまうので、ダメ。ということだと思いますよ。