Welcome!

Welcome!

2016/03/10

ステップ5に落ち着くには ★


男性:
ステップ5に落ち着くには
受取りモードになっていないとダメですか?

エイブラハム:
ステップ5は、ステップ1に戻っても
自分に対して怒らない状態。
ということを重ねて言ってきましたが、
そこに留まるには、
受取りモードになっていないといけません。


ステップ5になると、
あなたの内面が、
あなたを「問題」に導く。
そんなことが起きてきます。
あなたが受け取りモードだからこそ
起きる現象であり、
それはステップ1でありながら、
マスターレベルの状態です。

そして、望まない状況に陥っても、
そのコントラストを心から感謝することができる。
コントラストにより、
欲しいものが明確になるからです。

コントラスト(望まない状況)が
不要なものだという
考えは、もう捨てましょう。
コントラストは、
必要不可欠なものなのです。

ペルシャ絨毯は、
どんな色の糸を持って来ようとも、
それらを使って織りなされると
美しい絨毯ができあがる。

真っ黒の絨毯と、
どちらの方がいいですか?

人生にはバラエティが必要です。
コントラストが多ければ多いほど、
選択が増えるし、
創造の可能性が広がる。
あなたの世界を創造するにあたって
色々なバラエティをもってきてくれる。
ステップ5にたどり着くと、
それを心から理解できる。

望まない状況に陥ったときに
「やった!今の自分が
フォーカスすべきことが見つかった!」
という気分になる。

答えが欲しいから、
質問が必要になる。

ボルテックスの中には
答えがたくさん詰まっています。
でも、それを得るには、
受取りモードになる前に、
受取るきっかけとなる
質問が必要になるのです。


ありとあらゆる「答え」が
ボルテックス(波動の世界)にちゃんと
創造されているのです。
でも、質問を持たない限り、
それは与えられない。

だから、誰かがあなたに
困難を与えてきたら、
その人を捕まえて、
唇にぶちゅーっとキスをすればいいのです!

会場・笑・

ありがとう、ありがとう、ありがとう!
問題を持ってきてくれてありがとう!
質問を生じさせてくれてありがとう!
成長させてくれてありがとう!と
と言いながら。。

もっともっともっと、いいことが起きてきます。
もっと明確になるし、
もっと感謝すべきこと、
愛すること、
楽しいこと、
そんなものが待っていますよ。


☆今年の1月にサンディエゴで行われた
ワークショップの動画 you have got to discover the question before you can
receive the answerの一部をもとに書いてみました。



4 件のコメント:

kei さんのコメント...

今回は、何か結構考えさせられる内容でした。

ステップ5に達すれば、望まない状況にすら心から感謝できるようになるのですね・・・そんな境地に達したいものですね!

最近はserenaさんの日記も読ませてもらっているのですが、2/12の「ありがとう」の日記が好きです☆

「ありがとう」が”応急処置”という表現が面白くて、印象に残っています。
この記事を読んでから、私もこの”応急処置”をたまに使わせてもらっています♪

Serena さんのコメント...

私は実は先週末に応急処置が必要だったんですけど、何もしないまま、痛み?とともに過ごしてしまいました。だからマスターレベルになれないのだと思います(涙)

fu☆ さんのコメント...

コントラストは必要不可欠、、。確かに、問題が起こると自然と問いが生じます。私の何がいけなかったの?どうしたらいいの?状況が良くなるためには?etc.
コントラストは一見 嫌なものですが、できればなければいいと思ってしまうのですがT_T、それによって望むものがハッキリするから本当はウェルカムなんですね〜。
記事のupありがとうございます。いつも感謝しています。

Serena さんのコメント...

コントラストによってどうすればいいのかが明確になり、
それを受け取る覚悟ができたりすることもありますね。
感謝できるのはずっと後になってからだったりもしますが。。
2016年3月12日 16:57