2015/11/25

簡単すぎて不安?



女性:
つながりあう、という意味が
ようやく分かってきました。

創造するってこんなに簡単だったんだ、
って、実感してるんです。
自分がどんどんパワフルになって、
大きなことが現実化してる。





エイブラハム:
ひとたびそれを受け入れることができたら、
いつでもそこにあることが
分かることでしょう。。

チューニングをする。
それができるようになれば、
ちゃんと現実化する。

女性:
人生がどんどん素晴しくなってきています。

2週間のヨーロッパ旅行の夢が
現実化したと思ったら、
そこで素晴しい人たちに出会い、
仕事のオファーをもらいました。
それで、もうすぐ
オーストラリアに移住するんです。

(会場のみんな、拍手)

その過程はすべて
Yes Yes Yes!の連続で、
まったくもって抵抗がなかった。
だから流れに乗るような行動で
正しい方向に向かっているんだって
ことが自分で分かったんです。

でも、時間が経つにつれ、
なんとなく抵抗感が生まれてきて。。

エイブラハム:
物事がそんなに簡単に
展開するべきではないという
考えがあるからです。

もっと努力や困難が伴うはずだと
思ってしまっている。

たとえば理想の家を買おう!
と思って、
すぐに見つかってしまったときなど、
簡単すぎて逆に不安になったりする。

理想の家をすぐに見つけられるなんて
ありえない!もっと色々と問題があって
それを解決したり悩んだりして
遠回りしながら探すべきなのではないか、と。

多くの人たちは、大きなチャンスは
そう簡単に道開けるわけがない
と信じているし、
人生には苦労やトラブルがつきものだと
教えられてきました。

だから、努力せずに成功した人には
違和感を覚えてしまうものです。

苦労し続けてもなかなか望みが叶わず、
うまくいかない人の方が多いなかで、
スンナリと成功してしまう人が
許せなかったりする。

女性:
感情がすべてだと分かっているので、
それに気をつけていると、
抵抗感が生まれてくることに
気づいたんです。

でも、
ソースがそこにあるのに
私自身がそこにいないからなのか、
オーストラリアに行くべきではないと
ソースが教えてくれているのか
どちらなのか分からなくて。

エイブラハム:
前者ですよ。

何かを考えているときに
ネガティブな感情が生まれたら
ソースがあなたの考えに同調していない。
という意味です。

でも、だからといって、
その考えを打ち消そうとしなくてもいい。

ネガティブになる考えは、
1つだけではないから、
それを打ち消そうとしてると、
引き寄せの法則が働いて
似たような思考がどんどん増えて、
次々に現実化していってしまうから。

そんなときはどうすればいいのかといえば、
もう考えるのをきっぱりとやめて、
違うことをする。

あるいは、瞑想する。

それが無理でも、
夜眠りについたりするときは
自然に消えてくれるから、
朝起きたときには同じことを考えないように
意識する。

ネガティブな感情は色々なカテゴリーの中に
収められて眠っているものです。

他人からひどい扱いを受けたこと。
息苦しさを感じたこと。
なんか損しちゃったこと。
それぞれのカテゴリーの中に
色々な思いや考えがあり、
1つを消そうともがいていると、
次々にそれらが出てきてしまう。

みんなでご飯を食べてるとき
誰かが不満に思ってることの話をすると、
横にいた人が似た話を始める。
まさに、そんな連鎖反応が始まり、
気分が低下してきて、
あなたは自身の内面と、
どんどん不調和してきてしまう。

さて、話しを戻しましょう。
あなたはここのところ、
すべてがうまくいっていた。
でも、なんとなく抵抗感が生まれて、
オーストラリア行きについての
確信が持てなくなってきた。

つまり、
疑いの気持ちが起きてきた。
疑いの気持ちだって
ネガティブのカテゴリーです。

こんなに簡単でいいのかなぁ。
その人たちのこと、よく知らないし。。
悪い人たちかもしれない。。

色々な考えが出てくるはず。
でもそれを考えるといい気持ちがしない。

いい気分になれないのは
あなたの内面は、「どうして疑うの?
あなたが望んだものではないですか。」
と言ってるから。

ちゃんと内面に繋がっていたから、
出会うべく人たちに出会ったり
行くべき場所にすんなりと
行くことができることになった。

インスピレーションを信じて行動を起こし、
すべてがどんどん現実化しているのです。


先月ウエストチェスターで行われた
ワークショップの対話の一部を
もとに書きました。
後半は省略しています。

0 件のコメント:

Welcome!