あなたの感情は?

あなたの感情は?
「感情のガイダンス・スケール」はエイブラハム・ヒックスによるものです

2015/11/22

願望のロケットが途中で爆発してしまうとき★















男性;
この教えを知ってから
波動の世界に自分の望んだものが
貯められている、
ということを理解しました。

エイブラハム:
あなたの波動次第で、
それはちゃんと現実化されます。
それを認識すればいいだけです。

男性:
分かっていても、つい
欠乏感も生まれてしまう。

だから僕は将来に飛んで、
望んだものを手にしてるときの
喜びに浸り、
そのエネルギーを今の瞬間に
持ち帰るという
練習をしているんです。

エイブラハム:
将来の体験を先取りする。
いいプロセスですよ。

時間は関係ありません。
将来感じるべきことを「今」感じる。

ただ、将来起こることの
ビジュアライゼーションをしているときに
ふと現実に気をとられて
実際にはここにない。
という気持ちにならないように
気をつけること。

男性:
波動的に将来の体験を先取りするのは
僕にとって一番の方法なんです。

エイブラハム:
それが徹底的にできるようになったら、
現実化は早いでしょう。

コツは、楽しむこと。
叶えるためにする!
という気持ちでいると、
叶っていない。。。
という意識も生じてしまいます。

ただそこに座り、
波動的な体験を感じながら
心から楽しむ。
それが、一番成果のあることなのです

行動を少し、控えるべきなのですよ。
通常の行動の40%、50%、60%、
くらいのみ動き、普段よりも、
もっと感じるようにする。
そして、その成果を見てみてください。

雇用者を集めて、
それを提案してみたとします。

「従業員の労働時間を短縮してみませんか。
労働力は低下するけど、みんながもっともっと
幸せになるし、実をいえば、
それで仕事の成果もあがるんですよ。」
と。

すると彼らはこう答えるでしょう。
「従業員の幸せなんて自分には関係ない。
仕事の成果をあげることの方が
大切なのだから。」

でも、
彼らが幸せを感じれば感じるほど、
仕事の成果もあがるのです。
それは、約束してもいい。

(会場拍手)


男性:
ただ。。
自分の望みはロケットとなり、
宇宙に放たれるわけだけど、
ヒートシーキングミサイルが追いかけてきて
爆破してしまう。
みたいな体験をしてるのですが。。


ヒートシーキングミサイル

(会場・笑・・・・)


エイブラハム:
うまいことを言いますね。。

ヒートシーキングミサイルを
早めに探知できれば、そのスピードは
加速することはないのです。。

望むことを考えて、望まないことも考えて。。
ということを繰り返していませんか。
将来起こって欲しくないことまで
ビジュアライゼーションしていない
でしょうか。

人々はときどき
「突然、悪いことが起きちゃって。。」
と言いますが、
それが来ることに早めに
気づかなかっただけのこと。

あなたの内面のガイダンスは、
それが来ることを知らせていたのに、
あなたは悪いことを考えて
波動を乱すことを辞めなかった。
そうなると、その波動に勢いが増して、
手遅れになるわけです。

だからこそ、
日頃から自分の感情に気をつける。

あなたのように、
集中的にフォーカスできる
創造者がこうした体験をするのは
珍しいことではありません。

効果的にフォーカスできるものだから、
「望まないこと」に意識を注ぐと、
その波動が加速してしまうのです。

でも、いいではないですか。

あなたは
自分のガイダンスシステムを
分かっているし、
宇宙がいつでも応援してくれることを
知っているのだから。

エスターが、
自分の孫たちや他の子供たちと数日間ほど
ディズニーランドで過ごしたときのこと。
アップダウンの激しい
ローラーコースターがあって、
最初に乗ったときには
信じられない思いでした。

気分が悪くなったフリをしたら子供たちから
もうせがまれないかな?と思ったりしたけど、
せがまれてもう1回、そしてまた1回。。。

そのうちに、過激な下り坂ですら
なんだか楽しくなってきたのです。

でも、あなた方には、そんなアップダウンに
慣れて欲しくはないのです。
それは不必要なことだし、
そんなことをしていると
望みの現実化を遅らせるだけなのですよ。


☆今年の8月にLAで行われた
ワークショップの対話をもとに書きました。
through the eyes of the future process

0 件のコメント: