あなたの感情は?

あなたの感情は?
「感情のガイダンス・スケール」はエイブラハム・ヒックスによるものです

2015/11/14

高い波動のキープの仕方~引き寄せの法則 



男性:
今年の3月にあなたの教えを知り、
仕事、友達、自己愛など
すべてにおいて人生が素晴しく変化しました。
出会えて本当に幸せです。

今の僕は、
内面にアライメントしているという

サインをしょっちゅう受取っていて、
望まない状況がやってきても
慌てることなくすんなりと
ボルテックスに戻ることができる。

そうやって色々と楽しみながら
気分良く過ごしているんですが、
この「高い波動の勢い」
を持続させるには
どうしたらいいでしょうか。

エイブラハム:
自分が望むことにフォーカスしていれば
高い波動の勢いは強まってくるし、
自分の波動に見合った未知の世界に
どんどん導かれてゆきます。

楽しかったり、嬉しかったり。
そんな感情が波動のリズムに勢いを
与えてキープしてくれるのですが、
感情が乱れてきてしまったら、
翌朝目覚めたときに、
新たなに波動を整える。

難しいことではありません。

いい波動に勢いがつくと、
望まない状況がやってきたとしても、
打ちのめされて波動が乱されることも
なくなります。

いいことを考えたり悪いことを考えたり
を繰り返していると、
高い波動をキープすることはできません。

男性:
以前の僕は、
ガラスの天井が自分の世界の上に
のしかかっている気がしていてたんです。

エイブラハム:
本当はそんなものはないのに、
あなたが勝手に創りだしていた
「限界」ですね。

だから、
新しい望みが生まれたときに、
そこにぶつかって、
ネガティブな感情が生まれてしまう。

子供の頃からそんなふうに
制限をかけるように教えられて
それが普通のことなのだと
思い込んでしまっている人は多いものです。

男性:
話は変わりますが、
バスタブに浸かっていい気分でいるときに
友達と話していたんです。(電話で?)

そのときに、「つながった」ような
気持ちになって、自分の内面から言葉が
どんどんと溢れでてきて、
友達が必要とすることを色々と
言ってあげることができた。。。
何を言ったか忘れちゃったけれど。

エイブラハム:
まさに、受取りモードだったということ。

エスターは、そんなときの濁りない
明確さが大好きだし、とても需要だと
思っています。

明確さとは、迷いのない状態。
つまり、「自分アライメントしている」
状態で、そんなときは、
自分に制限をかけることもないし、
川下りするような「流れ」に乗った勢いがある。
あとからその瞬間を思い出したとき、
自分が何を喋っていたのか
思い出すことができなかったとしても、
そんなことはちっとも重要ではないのです。

そんなことが、これからも
どんどん起きてくることでしょう。

「今」という瞬間を大切にすればするほど、
それを後から思い出すことがなくなってくる。

「受け取りモード」が熟練するにつれ、
「今」の瞬間がますます意味のあるものとなるから、
過去の出来事をひっぱりだしてきて
辺りを散らかすことはなくなるのです。
あなたと、あなた自身、そして、一緒にいる
誰かと何かを共創する「瞬間」の方を
もっと大切にするべきなのですよ。




 ☆今年の8月、サンディエゴで行われた
エイブラハムのワークショップからの
対話をもとに書きました。

Sustaining Your Momentum





0 件のコメント: