あなたの感情は?

あなたの感情は?
「感情のガイダンス・スケール」はエイブラハム・ヒックスによるものです

2015/11/23

難病の完治は可能か~引き寄せの法則



男性:
子供の頃に血液輸血をして
HIVに感染しました。

で、
月曜日に、いつものようにまた
テストをしたら。。
陰性だったんです。

(会場、大喝采)


もちろん、これから、もっと色々な
テストをすることになるし、
最終的な結果が出るまで
数週間かかるのだろうけど。

エイブラハム:
絶対に変えられない「現状」も、
変えられることができるということです

あなたは
陰性の結果が出たから
いい気分になれたのではく、
いい気分を持続していたから
陰性の結果になった。(みんな拍手)

自分とのアライメントがすべてであって、
難しいことではありません。
慣れるまでちょっと練習すれば
いいだけのこと。

男性:
HVI感染していたとき
脳内出血が起きて
痛みに襲われていたのですが
そんなときはどう対応すれば。。

エイブラハム:
大切な質問ですね。

人間は、
意識を持った生命体の細胞から
つくられていて、あなたの内面
(源、神、なんと呼んでも
構いませんが)は休むことなく
細胞とコミュニケーションを取っています。

体に不調を感じたとき、
細胞は良くなりたいと願い、
ソースはちゃんとそれに応える。
いくら抵抗力が生まれたところで、
そのやりとりは変わりません。

だから、リラックスして、
ちゃんと治るのだと信じる

不安になるのを辞めると、
治らないかもしれない、
どうせ治らない。。
などといった抵抗力は弱まって
細胞が放った願い(=回復)が
現実化するわけです。

現実を無視するのは、
たやすいことではありません。
体に痛みがあったらなおさらですが、
条件(状態、状況、現状)に
感情を振り乱されないこと

痛みを感じながら
気分を低下させない。

背中にかゆみを感じるって、
ちょっと面白くないですか。
誰か掻いてくれる人がそばにいたり、
棒か何かがあったら、
痒い感覚もちょっと楽しい。

ときどき、空腹で倒れそうになる。
でも、
お腹が空いてるときのほうが
食べたときの満腹感が、より大きい。

空腹は満足からほど遠いけれど、
もう二度と満腹にならないのではないか?
なんていう恐怖は感じない。

体の痛みも、
そんな感じであるべきなのですよ。

男性:
2年半ほど回顧録を書いているのですが、
書きながらあまりにも辛くなって、
押しやってしまいました。

エイブラハム:
あなたの内面が押しやった、
ということです。

「自分の内面」は
常に将来だけを見ています。
だから過去を見ることで
内面と調和がとれなくなるのです。
(=いい気分が保てなくなる)

過去の体験によって今の自分がある。
だから、今の自分は正しい。
といったような正当化みたいなことを
少しの間、やめてみてください。

あなたのソースは、
過去を見ることはしません。
過去にあなたがいた場所を
見ることもないのです。

ホームシックという言葉がありますが、
過去の思い出がつまった実家に戻ると、
かび臭くて、
無知だと思われていた頃の自分に
戻ってしまう。。。
家は自分を病気にさせるところ。
冗談じゃないんですよ。
(会場は笑ってるけど、実家に住んでる親が
聞いたらあんまり笑えない?)

ソースはあなたの傍にいて、
一緒に、前を見ているのです。
これは本当に重要なことだから
覚えておいてください。



☆先月にウエストチェスターで行われた
ワークショップの対話をもとに書きました。

4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

何時もありがとうございます~♪

Serena さんのコメント...

こちらこそ、ご訪問とコメントありがとうございます!

匿名 さんのコメント...

こんにちは!エイブラハムの教えを読むたびにホッとします。

ソースは過去を見ない・・・そうなんですよね。
高校の時の同窓会の案内が来て、
参加したくない自分の気持ちを優先させるべきか
無理しても行くべきか・・・で悩んでました。

今、他人や外の価値観を取り込むことなく、
自分の心のバランスをとっているところ。
いい気分でいることを最重要にしている自分からすると、
20年前のクラスメイトとの交流は気分良いと感じない。
世間的な価値観の天秤という
同窓会・・・

会いたい人もいないし・・・と。
ここ10年で友達になった人との食事会の方が楽しく感じてる。

同窓会という過去の人間関係につながる事。

エイブラハムなら、このテーマにどんな答えをだすかな・・・と
思いました。

Serena さんのコメント...

匿名さん、
コメントありがとうございます。
エイブラハムならどんな答えを出すのでしょうね。
自分の波動が高くなるにつれ、
仲間も変わってくるけれど、
自分の波動の状態を周囲のせいにしない。っていうのも
よく対話に出てきますね。