Welcome!

Welcome!

2015/12/13

HOWは考えない



男性:
僕が選ばれることは分かっていました!


3か月前に友達がこのワークショップに参加して、
CDを後から貸してくれたんです。
そのときの僕は追い詰められていたような状態で
助けが必要だったから、
薦められるまま聞いてみました。
すると、
数年前にあなたの本を購入していたことを
思い出したんです。↓



 引き寄せの法則 (引き寄せの法則シリーズ)


そのときは教えが頭に入らず、
そのままになっていたのだけど、
今回CDを聞いてすぐに
腑におちてきたんです。

 僕はアーティストなんですが、
アートというのは人々にとって

必需品なわけではないから。。
(経済的に行き詰っていた)


でも人間は心から信じれば、

必ず創造することができると
今となっては確信しています。

CDを聞き始めたのが去年の12月。
そしてこの4月には、大規模な展示会を
開けることになりました。

 (会場拍手)

 しかも、
スポンサーもついたんです。

スポンサーを探すことなど簡単ではないし、
まして僕にはその手段すら分からなかったのに、
そんな大がかりなことが、すんなり叶ってしまった。

数年前に会社勤めをしていて、その頃に
なんとなく引き寄せの法則を知って
物事は色々と順調でした。
でも、不景気で何人も解雇されて。。。

エイブラハム
今から見ると?

男性:
今思えば、それは自分にとって
すごく良かったことだと思います。

エイブラハム:
すべてはいつだってうまくいく。
どんな状況に見えたって、
結局は、それがいい結果に繋がる。
「悪いことが起きるかもしれないよ」
という声が聞こえても、
無視すればいいだけのこと。

男性:
この法則を実行するには
心から信じること、ですね。
考えているだけじゃダメ。。

エイブラハム:
アーティストなら創造することで
それを実感できるはず。
その過程で自分が内面にアライメントしているか
していないかがちゃんとわかるはず。
それができていないときに創造した作品は
作り直すことになるのです。

男性:
はい。
手探りの状態から抜け出したとき、
脳みそがシフトして、
創造性でいっぱいになり
アイデアが次から次へと湧き出てくるように
なりました。

エイブラハム:
そういうことです。
ボルテックスに入るとそのリズムと共鳴し、
その中にあるものが形になる。
創造性が豊になり、作品が生まれ、
そのうちに展示会を依頼され、
スポンサーまでつく。

男性:
それも、努力なしに。

エイブラハム:
創造物を受け取るときの努力は
逆効果になってしまう。

男性:
昨日のことです。いい気分を保ちながら、
お金や他のことはもう考えないと決め、
今の状況に感謝して、ひたすらハッピーな
気分に浸っていたら、電話が鳴ったんです。

友達からでした。
僕のアートに興味を持っている人を
紹介したから立ち寄っていいかと言うのです。

僕は展示会前で手いっぱいだったのですが、
彼らに会うことにしました。

その人は、Ipadなどのデバイスの
ミリタリーグレードのスクリーン保護フィルムの
製作会社を持ち、今回、シグネチャーデザイン
を作るにあたってデザイナーとして
僕を選んでくれたんです。

(会場拍手喝采)

「HOW」(手段や方法)は
考えなくてもいい。
流れに身を任せる。
その教えが証明された瞬間でした。

つい、昨日のことです。
話し合いの結果、
デザインをどんどん進めることになり
展示会にもそれを加えることになって。。。
すべてが驚くべき早さで
どんどん開けてゆくんです。

ボルテックスに浸ると、
いいことがどんどん流れ込んでくる。
素晴しい気持ちです。

で、質問なんですが、
こうした急展開に追いついてゆくには?

エイブラハム:
物事が速すぎる、
と感じたときに思い出してください。

ソースはすべてを把握しています。
できないことを強いられることはない。
自分を疲れさせるのは抵抗感だけ。
自分自身とちゃんとアライメントしていれば、
心配することなどありません。
この瞬間は自分が待ち望んでいたものなのだから、
体験を楽しむこと。
いい気分を保ってついていけば、
ちゃんと道は開けていきますよ。



エイブラハム・ヒックスの
ワークショップ
how to shift your mind to abundance
の対話の一部をもとに書きました。


0 件のコメント: