あなたの感情は?

あなたの感情は?
「感情のガイダンス・スケール」はエイブラハム・ヒックスによるものです

2017/01/07

過去の憎しみを浄化するコツ ★ ~引き寄せの法則


この男性の続きです。
かなり長いので中間と、この後半部分も
色々省略してしまってます。すみません。


男性:
どうしてわざわざ、
毒親のもとに生まれてきたりするのでしょうか。


エイブラハム:
どうしてアメフトの選手は
あんなに一生懸命
プレーをするのだと思いますか?

男性:
そりゃあ、やりたいからでしょう。。

エイブラハム:
でも、どうして?
実際に試合を見たことありますか?

ガンガンぶつかりあって
地面に叩きのめされるのは
目に見えている。

なのに、どうしてわざわざ
そんなスポーツをするのでしょう?

男性:
もっといいスポーツを
思いつかなかったから???

(会場・笑)

エイブラハム:
それをするメリットは?

男性:
巨額の契約金?

エイブラハム:
そうかもしれません。
でも、もしかしたら、

それをやらずにはいられないような
フットボールへの情熱。
自分の体の動きへの集中力。
試合において、非肉体から
支援されているかのごとく、
考えもせず自然に体が動いてしまう、
その感覚がたまらないとか、

大勢の観客たちを前にしたときのゾクゾク感。
彼らに向かってエネルギーを放出していると
実感できるところ。

あなたというエネルギーが
この肉体に宿ったとき、
その一番の目的は、心地良さではなく、
自分が何なのか、
しっかり理解することなのです。

なんでも簡単にスラスラできてしまう人生が
いいのではなく、どうやって創造してゆくのかを、
色々体験しながら学んでゆく。

「地球上の肉体に辿りつく前に、
すべてがちゃんと整っていなければだめ!
そして、ひとたび肉体に入ったら、
すべてがスムーズに展開する人生でないと
いやだ!」

なんて言いながらやって来たのではなく、

「色々なコントラストを実際に体験しなければ、
自分が一体何を好きなのか、
何をしたかったのか、
何を望んでいるのかなんて分からない。」
と納得した上で、
やって来たのですよ。

だからといって、
惨めな環境に生まれたいと
願っていたわけでもありませんが、
幼い頃から被害者意識を持ってしまう
ということはあります。

なぜなら親は
「言うこと聞かないとダメですよ。」
「いい子にしてたら、~をしてあげる。」
と教えこんでしまい、子供は
本当の意味で自分を幸せにしてくれる
わけでもない親の言うことを聞くように
なってしまうから。

そして親は子供たちの世話をあれこれ
焼いてゆくわけだけど、
そんな中で、自分の思い通りにならないと、
自分は親に愛されていないといった
被害意識が子供の中に芽生え、
自分の幸せを他者に依存するような人間に育ってしまう。

もしもあれこれ手を焼いてもらうことがなく、
自分のことは自分でしなさいと
育てられたらどうだったでしょう?
あなたの意見は?

男性:
僕は義理の父親に
ひどく殴られて育ちました。

エイブラハム:
悪い子だから、
殴って当然と思っていたのでしょうか。

男性:
お前は間違って生まれた子供だ。
誰もお前のことなんて欲しくなかったんだ。
そんなふうに言い続けてました。

エイブラハム:
自分のことを一番理解して、
一番愛してくれているのは
自分自身(内面)なのに、
人間というものは、
他の人間から愛情や理解を得ようとする。

義理の父親のことを信じてたんですか。

男性:
いいえ。でも、仕方なかった。。

エイブラハム:
彼のことは信用してなかったけれど、
彼の存在は大きかった。

男性:
大きな男でした。

エイブラハム。
そして意地悪だった

男性:
他に頼る人もいなかった。

エイブラハム:
だから機嫌を取りたかったわけですね。

男性:
そうすれば
少なくとも放っておいてくれるから。
(涙声)

エイブラハム:
自分の内面と違う方向を見つめていると
ネガティブな感情が生じてきます。

お前なんて生きている価値がないんだよ
と言われてとても辛くなってしまうのは、
あなた自身の内面は
そうは思っていないから。
それが事実でないと知っているから。

それを信じているあなたと
信じていないあなたの「内面」に、
ズレが生じてしまっているから。

でもあなたはまだ小さくて
もちろんそんなことは知らなかったから、
彼の気に入られようとした。
不幸せなその男のご機嫌を取ろうとした。

男性:
自分に嘘をついたんです

エイブラハム
でも、
本当に彼の機嫌をとれたんでしょうか。

男性:
ええ、時折。

僕が誰かを殴ったとき、
すごく感心して、
よくやった、それでこそ
俺の息子だと褒めてくれた。

僕が12歳のときに、
どうしてそんなに殴るのかと聞いてみたら、
にやりと笑って、
気分がいいからだと答えていた。。。

今でも自分の波動に
大きく影響しているんです。

エイブラハム
その話を繰り返して話せば話すだけ、
その波動は作動してしまう。
実際に、彼はもうあなたを
殴ったりしていないのに。

最初のあなたの質問。
どうして、
そんな親を選んでくるのか。

その答えになるような体験をしましたか。

男性:
ええ。それについて書いてみたい。
その体験を通して自分を表現してみたいんです。

エイブラハム。
ほら!
もう答えを知ってるじゃないですか。

男性
でもいまだに目に見えない檻に
入れられてる気分になる。

エイブラハム
その話を繰り返すことで
波動を作動させ続けているからですよ。

誰かを殴ったとき、
いい気分でしたか。

男性:いつだってそのことを後悔しています。

エイブラハム
殴るのと殴られるのと
どちらの方が、少しばかりいい気分でしたか

男性
殴られる方が気分が悪いです。

エイブラハム
感情のスケールを見てみましょう。

感情のガイダンススケールの記事参照

罪悪感はひどいもの。(感情21)
でも、責めたり(感情19)
誰かを殴ることで(感情17)
少しばかり自分の中でコントロールができてくる。

その頃のあなたは
いつも殴られて
惨めな思いをしていた。
愛されないことに不幸を感じて、
自分のことも愛していなかった。
そんな自分が嫌いでもあった。
そんな場所から、
愛情いっぱいのワクワクの位置に
一気にワープすることはできなかったわけです。

そして、目の前に起きたことに
いちいち反応していたわけだけど、
もうそんな必要はないのですよ。
そのときのことを思い出して
いちいち波動を作動させることはないのです。

少年時代に
日ごろから殴られ続けていた頃、
あなたは様々な願いを
ボルテックスに投げこんでいました。

もっといい状況になったら!
義理の父親がもっといい人になってくれたらなぁ。
自分で自分を守りたい。
自立したいなぁ。
もう殴られたくない。
強くなりたい。

そうした数々の体験により
たくさんの願いが生まれ、
あなたは波動的に、
そうした自分像を明確に創造していった。

あなたは人を殴ったりしていますか。

男性:
僕はそういう人間じゃないけれど、
問題解決の方法がないときに、
ちらりと頭をかすめることもある。。

エイブラハム:
解決方法がない。

行動でとる場合の解決方法だとしたら、
幼い頃に殴られたとき、
義理の父親を殴り返すわけにはいかなかったから、
そのまま殴られるか、逃げるか、隠れるか。
自分の態度を変えるかなかったわけですね。

男性:
逃げることなんてできなかった。。。

エイブラハム:
そのときの感情をよみがえらせるのが
目的じゃないから、
突き詰めて答えなくてもいいのですよ。

義理の父親の暴力は止まることがなかった。

男性:
機嫌がわるかったら、もうそれでおしまい。

エイブラハム;
あなたは成長し、
今なら他人を殴ったり、
義理の父親を殴り返したり、
武器を購入したりすることができる。
それこそ、戦うことができる。
でも、だからといって、
そこから、自分の行きたい
場所に行けるわけじゃないことも知っています。
(幸せになれるわけじゃない)

だから、やがてあなたは
我々のような存在を
引き寄せることとなったわけです。

波動力。
世界を創造するエネルギー力。
自分の波動を調節すれば、
大きな行動をせずに状況を
変えることができることを知るために。

この世の中は行動によって
問題解決しようとやっきになっている。
それこそ、行動で相手を打ち負かせようと
四六時中そんなことをしているけれど、
それをしている人間たちは誰もいい気分なんて
持っていません。

殴られ続けて育った子供は、
暴力やののしり合い以外の
以外の方法で幸せになる方法はないのか、
考え始めるのではないでしょうか。

あなたは自分の現実を創造している。
でも、だからといって、
暴力的な人間を自分で創造したと言っている
わけではありませんよ。

男性:
どうしてそんな世界に入ったのでしょう?

エイブラハム:
あなたの波動に
引き寄せの法則が反応してしまっていたのです。
でも、行動でもって、
義理の父の暴力を辞めさせるのは
不可能なことでした。
お母さんや警官が動いたとしてもです。

男性:
母親は助けてなんてくれなかった。

エイブラハム
我々がここで言いたいのは、
どんなに行動したとしても、
解決法がないということです。

でも、同時に素晴らしいことが起きていた

あなたは認識していなかったけれど、
ボルテックスを築き上げていた。
あなたの内面はどんどん強くなり、
自分の望みを明確にさせていった。

そして今、
あなたが過去との闘いをやめて
受け取ることに専念すれば、

本来の自分を取り戻すことが
できれば、そうしたものが現実化
してゆくのです。

あなたの内面は
過去を振り返ったりしないから、
あなたが過去と闘って
感情を込み上げるたび、
自分自身との不和が続くだけのこと。

他人の行動を見て感情を揺さぶられたり、
自分の行動で物事を解決しようとしたり、
行動に反応する人生はもうやめましょう。

あなたの波動を変えることで、
嫌な現実を変えることができるです。

意地悪な人間と向き合おうとすれば、
意地悪な人間を引き寄せてしまう。
宇宙にはYESしかないのだから
意地悪な人間を見てNOと叫んでも
宇宙にはYESと届くだけ。

ドラッグや犯罪に意識をあてて
それを撲滅しようとすればするほど
その存在は大きくなる。

意地悪な人間、暴力的な人間、
その被害者を助けたいと思っても、
悪人に目を向けたが最後、
その人間から誰かを守ることは不可能なのです。
なぜなら、
その加害者に意識を当てたとたんに、
あなた自身が自分と調和できなくなってしまうから。
その結果、
流れの良いタイミングとも調和できなくなり、
宇宙からの応援も受け取れなくなってしまう。

男性:
悪者は相手をそう簡単に
被害者を逃がそうとはしないのでは。。

エイブラハム:
行動重視の世界で見ると、
より大きくてより意地悪で
より力強い人間の方が強い存在ですね。

でも、アラインメントと愛情、
ソースの方が、絶対的に強いし
あなたの内面は、ちゃんとそれを知っています
人間がその肉体を失い
非肉体エネルギーに戻るとき、
つまり世界を創造する
大きなエネルギーに戻るとき、
そうした悪意は消えてしまうものなのです。

親に殴られてひどい気持になったのは、
親に言われた通り、
自分がダメな人間だと信じてしまったから。
でもあなたの内面は、そんなことは信じていない。
あなたの内面はあなたをとことん愛し抜いて、
あなたの価値をちゃんと知り尽くしている。
今でも涙が頬を伝わってしまうのは、
あなたの内面が、昔と変わらず
あなたを愛しているというのに、
あなたが同じ気持ちを抱かずに、
ちゃんと一致していないから。

だからあなたの質問に戻ると、
どうして自分にこれをしてしまうのだろう。
どうして忘れることができないのだろう。
といえば、

それは単に、あなたがすべてが
エネルギーではなく行動によるものだということを
すっかり信じ込んでしまっているからであり、
感情ではなく、言葉を信じ切っているからなのです。

義理の父親のことを考えている限り、
愛情を感じることはできません。
あなたは自分自身に『愛』の感情を許していないのに、
今ではそれを義理の父親のせいにしている。
でも、そんなことはもうきっぱりと辞めて、
今の瞬間、愛情を感じられるような物事や人の方に
思考を導いてゆくべきなのです。

(会場拍手)

あなたは殴られ続けてしまった。
もちろんそれはひどいことです。

でも、その体験により、
本当の意味での自立のみが、
幸せをつかみ取る方法だということを
ずっと分かっていたはずです。

過保護に育てられなかったことにより
あなたのボルテックスは
あなたの想像以上のものが溜まっていて、
あなたの波動がそれと同調したが最後、
言葉には言い尽くせないほどの幸福感を
認識できることになるのですよ。
もちろん、日ごろから、そうした実感を
得ていることがたびたびあるはずです。

暴力を受けたりしている犠牲者を
助けたいと思うのは当然のこと。
でも実際には、
自分自身を取り戻さず、
本来の姿になって幸せの流れに乗ることができない。
そんな仕打ちを自分自身にしてしまっている犠牲者の方が
ずっと多いものなのですよ。

他人から何かをされているように見えても、
誰もあなたに何かをすることはできないのです。
親のせいで自分は不幸に育った。
自分の国の政治のせいで
自分に不利な法律のせいで。
給料が安いせいで、
結婚相手のせいで
自分は幸せになることができない。

そんな思考癖がある限り、
自分が幸せになれない理由を
引っ張り出し続けることになるのです。

思考は、選ぶことができる。
思い出に浸って苦い感情を蘇らせるのか、
いい気分になれることを考えるのか。
思考癖を変えること。
『今』の感情を大切にすること。
それを優先させるのです。

あなたの義理の父はひどかった。
でも、その彼を愛さなかったとき、
あなたは自分自身も愛していなかったのです。

もちろんその相手は
嫌われるに値する人間だったかもしれません。

でも、誰かを嫌えば、
あなたも自分を嫌うということになる。
誰かを憎むことによって、
自分を傷つけることになるのです。


なぜなら
あなたの内面は、
彼を憎んではいないから。。。。


男性:
僕は実はそれほど彼を憎んでなくて、
憎むとしたら、それは実の母親の方なんです

エイブラハム
関係ありません。あなたの内面は、
あなたの母親をも憎んでいないのです。

あなたの内面は、
母親がそのときにいた位置を
ちゃんと理解しているから。
そのときには彼女は、
それをすることしかできなかった。

でもあなたは、
子供の頃の辛さや憎しみを
こんなにも長く持ちこたえてしまっている。

先日エスターは、
美しく育っている孫娘に
少しばかり嫉妬してしまいました。

孫娘のケイトは
毎日とても楽しく過ごしているし、
大きな未来が待っているのだから。

ああ。私も今の知識を備えたまま、
子供の頃に戻れたら。
とエスターはふと思い、
自分があと何年生きられるのだろうと
思うと、欠乏感に襲われました。
ほんの一瞬のことではありますが。

(会場・笑)

あとになって我々は
エスターにこんなことを伝えました。

あなたと孫娘は
「今」という時間に向かう関係においては
まったく同等なのですよ。

ケイトにあるのは今であり
あなたにあるのも今であり
それはあなたとあなた自身の関係でもある。

つまりケイトだって
今の瞬間、みじめになることができるわけです。
そういう感情を選ぶこともできる。
エスターだって同じこと。。

今この瞬間に幸せになることを
選ぶことだってできる。

それだけです。
この場所において、この瞬間、
波動的な自分との関係。
それだけが大切なのです。

過去の自分は関係ない。
今の自分が、すべて。

あのときは、
あなたはそれを選んだのだし、
今のあなたは、今を選ぶのです。

ひとたび自分が本当の自分自身に
ぴたりと調和することができれば、
自分らしさを取り戻し
自分の魂を見つけることができれば(いい気分を見つける)
あなたは解放され、今を大切に生きながら、
人生を楽しんでゆくことができるのです。

おしまい

エイブラハムの『感情のガイダンススケール』
↓ あなたはどこ?


1.喜び/智/溢れる活力/自由/愛/感謝
2.情熱
3.興奮/没頭/幸福感
4.ポジティブな期待/信念
5.楽観
6.希望
7.満足
8.退屈
9.悲観
10.フラストレーション/イライラ/我慢
11.圧迫感
12.落胆
13.疑念
14.心配
15.自責
16.挫折感
17.怒り
18.復讐心
19.憎しみ/激怒
20.嫉妬
21.不安(身の危険)/罪の意識/無価値
22.恐怖/悲嘆/憂鬱/絶望/無能



★かなり長い対話だったので中間は省略しました。
前半はこちら

後半もかなり長くでところどころ省略してしまったうえに
聞き直してないので、
訳わからない内容になっていたらごめんなさい!

虐待を受けてきた人たちの心境は
そうでない人たちにはちゃんと理解できるはずもなく、
この対話が彼にとって納得のいくものだったのかどうかは
分かりません。でも、エイブラハムは前方しか見てないので
いつもこういう答えですね。

2016年10月29日アトランタで行われた
エイブラハムのWS。
動画はWS全体なので、対話のタイトルは今の時点では
なしです。

★ちなみにアメフトの良さは私にもわかりませんが(笑)
元旦に試合を見に行ったとき、3時間の試合で3人が
大小のケガをして試合がちょっと中断になってました。
ケガがつきもののスポーツなのは確かです!

------------------------------------------------------------------------------


コメント欄で頂いたお薦め本


------------------------------------------------------------------------------

14 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

今日の記事、とてもよかったです。涙しながら読みました。
何度も繰り返し読みたいと思います。
ありがとうございます。

frank non さんのコメント...

去年このブログを見つけてから
何度も読んでいます
何度も幸福感を感じて泣きました

今もこの記事を読んで
暗闇の中を孤独に走ってたあの頃
私はずっと、真理を知りたい
強くなりたいという願いをボルテックスに溜め込んでいたんだなと

今めちゃくちゃいっぱい受け取っています

やっと世界を、人を理解できるようになってきたら
世界は完璧でものすごく美しくて
希望しかなかった。。。

素晴らしいブログをありがとうございます
ブログ主さまの2017年が素晴らしい年になるように願っています

Flutist さんのコメント...

Serenaさま
こんばんは!私も結婚しようとした相手がひどくて、その人を考えるたびに憎しみや腹が立つ感情を覚えます。
今は日本で好きな仕事をして、無事に暮らしていますが、私はいい気分に浸りたいと思いながら、まさにブログの文章にある「過去と戦う」だったのですね。
過去にやられたことを考えるとガイダンススケールの一番下に転げ落ちます。
まずは、「今」の感情に気を付ければ、いいのですね。良い感情にどっぷりはまるのは難しいけど、「感情の選択」はしていき、「いい感情」を習慣化したいと思います!Serenaさまのブログは私が前に進むための闇の中のサーチライトです!

はや さんのコメント...

こんばんは。
いつも読ませていただいてます。
今年もよろしくお願いいたします。

読んだ時は分かったつもりでも、体感まではコツコツと、、ですね。
最近は思考癖をチェックしてはニュートラルに戻し、
そんな自分もいいということにすると
正直になり、感情に気づきやすくなりました。(前は抑えることが普通だったのです)
本当に笑えるくらいに反応してるんです!!
受け取る暇なんてないわけです。
でもここに気付けてなんてラッキーなのかと思います。

ただ私は感受性?を生かした仕事なので
この感覚は良い意味で大事にしたいのです。
いろいろな気づきをいただけて感謝です。


これからも楽しみにしております。

Serena さんのコメント...

匿名さん:
ありがとうございます。
私も聞きながらちょっと涙しました。
エイブラハムからもう学ぶことは特にない、と
奥さんにしぶしぶついてきただけのこの男性も
過去から解放されるといいですよね。

frank nonさん:
素敵なコメントありがとうございます。
今、めちゃくちゃ受け取ってるんですね。
ステップ5ライフ突入ですね!

Flutistさん
前に進むための闇の中のサーチライト!
素敵な言葉ありがとうございます(うるうる)。
私もしょっちゅう過去のことを考えたり
してますよ。でも今の心を整えると、
過去が違う風景に見えてくることも
ありますね。

はやさん:
コメントありがとうございます。
最後の部分のお気持ち分かります。
その部分について、私も、
もっと対話を聞いてみたいなとも
思っています。

hitomi さんのコメント...

こんにちは。お久しぶりです。以前就活に関する
対話をお願いしたhitomi です。
12月の半ばに無事行きたかった職場に就職をする
ことができました。
自分の理想の職場にかなり近い職場にです。
Serenaさんのブログもかなり、励まされました。ありがとうございます。
就職活動においては、とにかくたくさん行動をして願望を達成することが、できました。
エイブラハムはよく、行動より内面の調和を重視します。私も、就職活動の前半は、そのように心がけていました。でも、本当は内心これで大丈夫なのかとびくびくしており、本当に苦しかったのです。
やはり、普通とは違った考えでもあり、今一見えない世界の教えなので、こんなことを信じている自分が、地に足がついてないみたいで、苦しかったです。
 でも、今思い返すと、色々学びを深める良いチャンスであったと思います。
エイブラハムのいう内面との調和は、何もうわべの楽しみを追い求めるものではないとわかりました。
自堕落な生活や、無理してポジティブ思考をすることではないと。
就活はいま思うと、行動をしてそれに集中している時間が一番心が安らいでいたのではないかと、ボルテックスにはいっていたのではないか、と思います。
エイブラハムの言葉を文字通りに受けとることも必要ですが、やはり、自分の気持ちをまずよく内観することが大切だと気づきました。
何が自分にとって楽しいのか、何が安心して情熱を持てるのか。
それに、やはり生きていくにはどうしても、行動をしなくてはならないし、努力も必要だなとも思いました。あえてエイブラハムの教えとは反対の学びをすること、学びから離れてすごし、また再度今回の対話を聞いて、よりエイブラハムがいいたいことが理解できたと思います。
世の中にはたくさん努力をする成功法則など、心理学などもありますが、どれが唯一絶対無二の真実はなくて、aは100%、bも100%というように、どれも真実ではあるし、間違いはない、(逆もしかり)のだと思えました。
逆説をあえて取り込み、またエイブラハムの教えを勉強することが、個人的に就活を成功させることができました。
そして今日約4ヶ月ぶりに今回の対話をきき、
自分をせめていた気持ちがうすれ、凄く癒されることができました。
本当にありがとうございました。

Serena さんのコメント...

Hitomiさん、
お久しぶりです!!
理想に近い職場に就職されたということで
おめでとうございます!!!!!
本当によかったですね。

エイブラハムですが、
行動せずにいるのが辛いのなら、
行動するべきというスタンスです。
就活でも、外に出ないと不安なのであれば、
行動を我慢することはないのですよ。
欠乏感のまま行動すると空回りしてしまうけれど、
就活(行動)することで安心感が生まれるのであれば、
して正解だったのです。
新しいお仕事頑張ってください!

jack さんのコメント...

この記事でアニータ・ムアジャーニ「喜びから人生を生きる!」を
思い出しました。
まだ読まれてない方がいらっしゃるなら、ぜひお勧めします。

エイブラハムが言っている事の理解がよりいっそう深まると思われます。


いつも素敵なブログ ありがとう。

Serena さんのコメント...

jackさん
お薦め本情報、ありがとうございます!!!
アマゾンのリンクを張っておきました。

れもん さんのコメント...

Serenaさん

度々失礼します( *´艸`)
今、この記事を拝読し、涙涙です。

本当に巡り会えたことに感謝しています☆

私は、セドナに行ける日を夢見ています

Serena さんのコメント...

れもんさん、
私もこの対話に出会えてよかったなーと思いました。
心に染み入る内容ですよね。
セドナ行きが早く実現しますように!

匿名 さんのコメント...

いつもブログに書いていただいてありがとうございます
英語が分からないのでこちらのブログには本当にありがたいです
私は今現在殺してやりたいほどの憎しみの中にいます
忘れたくても訴訟中で常に裁判があるので思い出して話さなくてはいけなくてその度にどうやったら殺せるかまで考えるほどの憎しみが出ます
元夫が離婚後あまりに冷淡なことをするので調べたらサイコパスそのものでした
そのせいで子供も不安定になり不登校になり離婚時の協議書や公正証書など全て契約を破り、慰謝料まも無効にする養育費も下げると様々な訴訟を起こされて精神的にボロボロで働けなくなっています
元夫は浮気相手と再婚し、すぐ子供をつくり1億円の貯金で旅行三昧です
私は浮気の慰謝料は取らないであげました
その変わり長年の苦痛に対しての慰謝料だけは下さいと言って元夫も快く了承したのに
子供との面会交流もやらないし、沢山の約束を破棄されて
元々体調が悪く働けなくて専業主婦だったので養育費と慰謝料は私が何とか働いて安定出来るまでは必要だったのに
私だけの子供ではなく元夫の子供でもあるのに子供を全く助けに来ないし
子供が不安定になったのも元夫が親の間に子供を伝言板のように入れたからです
子供によくないからやめてと何度も何度も伝えたのに
あー文句が止まらない!
すみません

渦中にいます、憎しみや恨みの内容があればブログに書いて欲しいです
いい気分と思っても、勝手にどんどん憎しみが沸いてきて思考がおしゃべりしするんです
消しても消しても湧いてくる

早く抜け出したいです

Serena さんのコメント...

匿名さん
それは大変ですね。。。。。
裁判中だと現実に直面しないといけないから
怒りから逃れるのも難しそうだし、
感情が沸いてきて思考がおしゃべりってよく分かりますよ。

WSでの憎しみや恨みの対話は耳に入ってきたことがない気がするのですが、
結論的には他の対話と同じ答えとなってるはずで、
ネガティブな感情が絶対だめというわけではないし
今すぐいい気分になるのは無理でしょうから、
瞑想や感情のスケールを見直すのもお薦めです。

私も去年から元夫とトラブっていて養育費も何も一切頂いていないし、
同じくほぼ専業主婦だったので去年の今頃はどん底状態でしたが、
エイブラハムのおかげで?乗り切ってます。
ひとたび受け取りモードになれれば自分の努力とは違った部分で
びっくりするような奇跡は次々にやってきます。
まだまだトラブルは終わってませんが、1年前とはまるで違う
自分の状況に、感謝に浸る日々なんです。

匿名さんも、大丈夫です。
少しづつ、でも、一刻も早く
良い状況に展開されますように!!!!!!

匿名 さんのコメント...

Serenaさま
お返事ありがとうございます、Serenaさんも大変だったのですね養育費無しだなんて凄いです。
実はこちらにコメントして数時間後からなぜか気分が回復してきて気分が落ち着いています不思議でした
まだ裁判は長いので
瞑想や感情のスケールを見直すこともやってみます
そして裁判はつらいですがびっくりするような奇跡も確かにいくつか起きていますから感謝しようと思います
Serenaさんのお返事を読んで力が出てきました
更にいい気分になれました
本当にありがとうございました!
Serenaさんもトラブルが完全に終わり最高の日々になりますように!