Welcome!

Welcome!

2016/12/29

エスターのエピソード2つ



一つめ
エイブラハム:
あなた方には、くだらない話に
聞こえるかもしれませんが
エスターに起きた話をしてみましょう。


エスターは美しい谷間を見下ろす
見晴らしの良い山の中腹に
家を構えているのですが、

帰宅路などに坂の下から家を見上げるとき、
ああ、ライオンの銅像があったら
素敵だなぁ。
と思うようになり、
ライオンの像探しを始めたのです。

カタログを見たり、
ワークショップで立ち寄る様々な州の
店に立ち寄ったリ、写真を撮ったりと、
何百というライオン像の
写真を眺めてきました。

石でできているもの、
ブロンズ、木彫り。
氷の彫刻は欲しいと思いませんでしたが
(会場・笑)
気高いポーズをとっていたり
じゃれあっていたり、
身構えていたり、

それでもピンと来るものがなくて、

数週間前にワークショップでアラスカに
来たときに、
行きつけの専門店に立ち寄りました。

かつて、ソロモンをイメージする
木彫りのフクロウをそこで購入したり、
他にもたくさんと購入して、
すっかり常連と化していましたが、
ライオン像は見当たらなかったので、

探しているライオンの
素材や恰好、色、顔つきなど
詳細は指定せず、
ただ、大きくて気高いライオンが欲しいから、
何かあったら連絡ちょうだい、
と言って去りました。

それから1か月後、
その店から、写真が届きました。

彼女が行く先々の街やカタログを
片っ端から眺めても
まったくもって見つからなかった、
それまで見たこともないような美しい
「好みの」ライオン像が、
そこに映ってました。

すぐに注文を入れ、
それが届いたときのゾクゾク感は
言葉にならないほどでした。

ライオンが欲しい!と願い、
探し回ったけれど、見つからなかった。
でも、きっと見つかる、と信じて、
ボルテックスに入れ、
あとは、宇宙に委ねておいた。
他にやることがいっぱいあったし、
執着することはしなかったのです。

出張先に立ち寄った店や写真で
ライオン像を見かけるたびに、
それが自分の欲しい類のものではなかっとしても、
少なからずときめいたし、
そのうちに、
いいものがやって来るだろう、という
確信を持っていたので、

配達された像を見たとき、
予想以上に素晴らしく完璧なライオン像を見た
彼女の喜びは、相当なものだったのです。

くだらない現実化だと思いますか?

そんなものは、
世にある限りのカタログを集めて
探し回れば必ず見つかるし、
そうなったら注文するだけじゃん。

と思われるでしょうか。

でも、まったく違うことなのですよ。

まずは波動の世界に、
あなたの欲しがっているものを
創造する。
ライオンだろうと、何だろうと。

そして、
それらが何だかの方法で
手元に届くと信じる。
そのうちに、タイミング良く、
手に入る。その方法に導かれるのだと
思い込む。

その結果、
目の前にそれが実際に現れたときの
満足感といったら、
言葉にならないほどのものです。
なぜなら心から信じた結果、得られるものは
いつだって自分の想像を超えるものなのだから。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

二つ目
エイブラハム:
先ほどのライオンと似た話ではありますが、
エスターは自宅に座り、
部屋の壁を眺めていました。

大自慢のクォータータイルで
あまりにウットリと眺めてるものだから
「エスターって、精神的な人間なのかと思ったら
ずいぶん物質主義なんだね。
一体、どうしてそんな「壁」なんかが
それほど彼女を幸せにするんだろう?」
と思われても仕方ないほど。

エスターもそれを改めて
考えてみたことがあります。

ジェリーとエスターはその家を建てていたとき、
リビングの壁をロックスタイルにしようと考え、
材料を物色しに行って、
気に入った素材を選びました。

店のスタッフがトラックで材料を運び込み
サンプル壁を作ってくれたのですが、
エスター達はワークショップで不在にしていることが
多く、家のことにかける時間が取れなかったりして、
サンプル壁をチェックするのに数カ月ほど
かかってしまいました。

やっと時間が取れて
サンプル壁をじっくり眺めた結果、
自分たちの好みと
ピタリと来ないことに気づいたのです。

そして再び違うロック(岩)を選んで
サンプル壁を作ってもらい、
またまた数カ月後に時間が取れた際に
チェックしたものの、
やっぱりピンと来ませんでした。

リビングの壁には、ゴツゴツした岩ではなく、
もっと滑らかな素材の岩がいい、という
ことになり、別の岩を選びましたが、
そのサンプルを見てもやっぱり気に入らない。

そこに至るまでに、
合計で16カ月の月日が流れてしまいました。
その間に、家の建設はちゃんと進んでいたのですが、
リビングの壁だけが決まりません。

何がピタリと来るのか、
よくわからないものの、
何がピタリと来ないのかは、
はっきり分かった、という状態でした。

そうこうしているうちに
ボストンを訪れる機会があり
とあるレストランに赴きました。
そのレストランの壁を差してジェリーが
エスターに言いました。
「それこそが君が探していたものじゃないかね?」
エスターが見てみると、その壁は、
岩ではなく、岩みたいなタイルでできていました。
(会場。。笑)

とても美しいタイルだったので、
2人ともすぐに気に入り、
レストランから情報を聞き出して、
最終的には自宅の壁として発注することができたのです。

日々の暮らしの中で、
好き嫌いなどのデータを(無意識にでも)かき集め、
それらが蓄積されて願望が生まれてくると、
その現実化に向けた行動を
促されるようになるわけですが、

エスターが壁を見ながら
そうやって得た自宅のリビングの壁を見ながら
うっとりとため息をついていたのは

好みのタイプの壁を現実化させることができた

という、
壁に対する思いがすべてではないのです。
壁そのものだけが、
感謝すべき結果(現実化)だったのではない。

その壁(タイル)に巡り合えたのは
宇宙の働きに寄るものであり、
出会うまでの道のりは、
それなりに楽しいものだった。

そうした数々の体験や、
法則の働きを象徴してくれているわけで、
彼女にとっては、
ただの「現実化された物質」というわけでは
ないわけなのです。

あるときエスターとジェリーは
偉大なアーティストである友達のもとを訪ねました。
友達の女性は、自分が手掛けている
テンペラ画を二人に見せてくれました。
エスターはそれについては詳しく知らなかったので、
「素晴らしい作品だわ!
仕上がるまでに、どれくらいの時間がかかるものなの?」
と尋ねると、「73年間」という答えが返ってきました。

アーティストの彼女自身が73歳であり、
自分の人生経験がすべてが、自分の作品において
現実化されているということを
ちゃんと理解していたのですね。

だからこそ、今の瞬間は
とてつもなく大切なものなのですよ。
それが積み重なってゆくのだから。

あなたがすることは、
やみくもに行動を起こすことではなく、
感情に気をつける。
そして、引き寄せの法則を理解すること。

自分にもちゃんとボルテックスがあるのだと信じる。
願ったものは、
すでに与えられていることを理解する。

そして、あなた自身により、
それを現実化させてゆく。
それを物質として体験する。
それを楽しむのです。

あなた自身が、それを受け取る。
他の誰でもない、あなたが。

やみくもに物事が起きるのではありません。
あなたが思考に気をつけることで、
創造してゆくのです。
その手で、粘土をこねながら
形を創ってゆくように。


★エイブラハム・ヒックスの2016年10月22日、
フィラデルフィアで行われたワークショップの対話を
もとに書いてみました。
今の時点で個々の対話の動画はアップされていないので
対話のタイトルはありません。
2つの対話から、エイブラハムが「エスターの例」として
あげたエピソードを拾って、まとめて、適当に省略しながら
書いたので直訳ではない旨ご了承ください♪

7 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

晦日の今日に素敵なお話をありがとうございます。私にとってここに出会えたことが今年の宝物です。よいお年をお迎えください。
伊勢神宮より感謝をこめて♪

Serena さんのコメント...

匿名さん♪
わ~、素敵なコメントをどうもありがとうございます!
心が温かくなりました。伊勢神宮から。。。嬉しいです!!!

Flutist さんのコメント...

Serena 様

以前にも一度コメント書かせていただきました。
先の方も書かれていますが、私もSerenaさまのブログに出会ったことが私の宝物であり、今年、いや今までの人生や考え方を大きく変える財産になりました。
持病の悪化、結婚しようと思った相手がひどく、落ち込んで、何度も死にたいと思っていましたが、それを引き寄せたのも自分の年齢に対する焦り、すべては自分の波動によるものであることが腑に落ちました。
昨年の今頃は海外で結婚を考えた相手と地獄生活をしていましたが、今日本に無事にいます。
今ではSerenaさまの素晴らしいブログに出会えたのは、その最悪な相手なおかげだと感謝の気持ちさえ沸いてきました。もし、Serenaさまのブログに出会っていなかったらと思うとぞっとします。
引き寄せの法則の「ひ」の字も知らなかったのに、Serenaさまのブログを通して人生について学んでいます。
長くだらだら書きましたが、結婚も含めて素晴らしい人と出会えるよう、自分を整えていきたいと思います。
いつもありがとうございます!どうぞ、お体にお気をつけて、新年をお迎えください。

Serena さんのコメント...

Flutistさん
これまた感動的なコメントを再びありがとうございます!
そうしたお話をシェアしてくださって私の方こそ感謝します。
私は訳してるだけなので、感謝の矛先はエイブラハムになるのですが、
こうしてお役に立てて嬉しいです。
大変な体験をされた結果、今は日本で無事にされているとのこと。
今後の生活に対する前向きな気持ちを心から応援致します!!
またいつか近況を教えてくださいね。

Flutist さんのコメント...

ご返事ありがとうございます。
がん闘病中の親友にもSerenaさまのブログを教えようと思います!
私は理系人間なので、目に見えないものは全否定でしたが、少しずつエイブラハムの考えを取り入れていきたいです!今は目に見えない世界にはまりそうです。
Serenaさまは訳をしているだけとおっしゃいますが、日本語訳の方が心に響きます!Serenaさまのブログで絶望的な心を救われている方はたくさんいらっしゃると思います!
今後もよろしくお願いします!(^▽^)/

匿名 さんのコメント...

はじめまして。

すばらしいサイトを継続していただき
ありがとうございます。

夫と一緒に更新を楽しみにしています。
ここは私たちの心のオアシスです。

2017年が
Serenaさんとここに集うすべての人に
幸多き一年となりますように…!

Serena さんのコメント...

Flutistさん
こちらこそ、今年も宜しくお願い致しますね。

匿名さん
ご夫婦でこのサイトをオアシスの存在に
してくださっているなんて、
本当に感激です。
心温まるコメントをどうもありがとうございました!!!