Welcome!

Welcome!

2016/07/04

受け取りモードとは? ★



男性:
瞑想したり、
フォーカスウィールをしたり、
今の自分がありがたいと思うことを
紙に書きだしたり。

そんなことをしてると
受け取りモードになってくる。
言葉にできないほど素晴らしいんです。


エイブラハム:
受け取りモードを
楽しく体験するために、
それらをやっているわけですね?
何かを叶えるためではなく。

それをしないと
悪いことが起きるから、
崖っぷちから転げ落ちるから、
日課になってるから、ではなく、

楽しいから、やる。
楽しみのために、する。

受け取りモードになる準備は、
大切なのですよ。
1週間の休暇を取ってでも。

(会場・笑。このWSはメキシコ
クルーズ船の中なのでまさにみなさん、
1週間の休暇中)

受け取りモードがすべてです。
与えられる可能性は、無限です。

冷たい水面に足をつけて
ゾクっとするのは、
その水温に体が慣れてないから。

無限のものを受け取ることに
慣れていないのなら、
水温に慣れるように、
少しづつ慣らしていけばいい。

そして、
もうちょっと本気で取り組みたいなと
思うのなら
「今、この瞬間」の波動が
どんなにパワフルで、勢い強く、
強烈なものなのか理解してください。

受け取りモードとは、状況に関わりなく、
「今この瞬間」に、
いい気分に落ち着くことの大切さ。

どんな人だって、ちゃんと、
それができるます。

意識的に持続させる。すると、その効果が、
見え始める。

「いい気分」や「感謝」というとき、
今日までのことを振り返って、
自分の身に起きていることや
素晴らしい体験、ラッキーだったことを
認識するのは大切ですが、

でも、それだけではない。

あなたは、それ以上のものを
もっともっともっと
受け取ることができるのです。

過去に固執するのではなく、
無限の可能性に意識すれば、
想いもよらなかったことが
現実化されてゆき、それを受け取ることが
できるようになってゆく。

この世を創造するエネルギーを、
あなたの望むもの
あなたが大切だと思うもの。
そうした方向に導くことが
できるようになってゆくのです。

いい気分を持続させることが
難しいのであれば、
「考えただけで不安になる」
ことについて、
詳細をつつかないようにする。

それについて考えむことなく
過ごして

泣く時間より
笑う時間の方が多く、

落ち込むより、
前向きになる時間の方が多く、

不安になるより、
気楽になることが多くなり、

自分のすることに批判になるより
自分のいいところを
見ることができるようになれば

波動はちゃんと上がっていきます。

そして、
その時点になったら初めて、

「考えると気落ちする」
事柄について、
詳細を考えてみればいい。

そのときのあなたは、
ハイウエイをすっとばして
他の車をびびらせる
スポーツカーみたいな
エネルギーを蓄えていることでしょう。

(みんな拍手♪♪)

受け取りモードが素晴らしいのは
あなたのマインドと
あなたのソースのマインドが
ひとつになるから

あなたの中の2つの部分が
ひとつに調和すること。

あなたと外の世界が繋がり、
他者を信頼し
宇宙の法則を理解して、
人生の無限のすばらしさを
確信することができるから。


男性:
毎日、森の中を散歩したり、
どこかでジョギングしたりします。
その瞬間、
ソースとコネクトすることができる。
受け取りモードになっている。
それを感じることができる。

エイブラハム:
実際には、
何が起きているのかというと、

毎日、
自分の非肉体部分である
ソースは外に出て

肉体部分の「自分」と
コネクトしたがっている。


ソースは自分の肉体や感覚を
通して、リアリティを
体験したいと思っている。

だから、
ソースのエネルギーを
拒否したりすることなく、
インスピレーションを受け取って
動かされるべきなのです。

人々は、犬を散歩に連れ出していると
思っていますね。

でも、実際には、犬が人間を散歩に
連れ出している。犬の情熱が。

あなたを見て、

今?今?今?今?今?
今?今?今?今?今?
今?今?今?今?今?
今?今?今?今?今?
今?今?今?今?今?
今?今?今?今?今?

(エイブラハム、しつこい。。笑)

それこそが、
あなたの内面がつねに
感じていることなのです。

あなたが蓋を開けて
そのエネルギーを
受け取ることができたら!!!!

それは
閃きやインスピレーションとして
あなたを動かし、
あなたはワクワク感いっぱいに
行動を始めるのですよ!!!

会場・拍手

★素晴らしい対話です。
終わったあとに、
会場のみんなが一体となって
幸せ感に包まれている
様子が伝わってくるほど。
2016年の4月末に行われた
メキシコクルーズのWSの対話

 Joying the receptive mode

をもとに書きました。

受け取りモードはテーマだったようで、
クルージングにもこんな
写真ブースが立てられていましたよ。
(Facebookより転載)
「受け取りモードになる!」



Receiving mode
Receptive mode
どちらも「受け取りモード」として
勝手に訳しています。

日本で出版されている物と同じ
日本語訳ではないかもしれません。

このブログを始めた去年は私も
分かってない部分が多かったので、
この部分を含めて、
もう少し丁寧に復習してみたいと思ってます。


-----------------------------------------------------------




受け取りモードに導く
瞑想タイムへのご招待。

当サイトオリジナルの
LOVE MEditation瞑想音楽

頂いた感想:

★不思議なほど心が静まります。
エイブラハムの瞑想に関する対話も、
とても良かったです。

★試聴を何度も聞いて、心地よく、
瞑想音楽として
使わせていただこうと思いました。

★試聴した時に

心が揺さぶられて購入いたしました。

★添付して頂いた瞑想の対話に納得でき、
音楽を聴きながら癒されました。

私にとってはこのサイトと同じく宝物のように
大切な音楽なので、たくさんの方々に
愛聴して頂いてると思うと幸せです!

Shop
https://serenahappy.thebase.in/


9 件のコメント:

hitomi さんのコメント...

新しい記事をありがとうございます(*ゝω・*)
いつも楽しみにしています。
受け取りモードは、許容可能にする術とよく本ではいっていますが、本よりも先にこちらの
サイトにお世話になってるので大丈夫です(゚∀゚ )
瞑想は、寝る前の時間子守唄のような感じでかけています。最近はあったかいモヤモヤが足元までくるようになりました笑
一番最初エイブラハムの瞑想を聞いたとき、
これまでこんなに自分の身体に力が入っていたのか、と純粋にとても驚いたのを覚えています。聞いたとき、全ての力が抜けて非常に意味が分からずにリラックスしたのを覚えています。
Up主様は最初どんな感じだったのでしょうか?
( ゚∀゚)ノ

匿名 さんのコメント...

serenaさん、いつも新しいエイブラハムのWSの情報ありがとうございます。

日本で出ている本(といっても最近のは読んでませんが)よりも進化した最新の内容を拝見できるのが本当にありがたいです。

この受け取りモード、日本で出版されてる本との訳し方の違いがあるかどうかよくわかりませんが、ちゃんと意味は伝わってきます!

受け取りモードの素晴らしさ
無条件の感謝の素晴らしさ

serenaさんの記事を拝見するたび熱いものが込み上げてきます。

特にこの部分↓


**
いい気分」や「感謝」、
というとき、
今日まで
自分の身に起きていることや
素晴らしい体験、
ラッキーだったことを
認識するのは大切ですが、

でも、それだけではない。

あなたは、それ以上のものを
もっともっともっと
受け取ることができるのです。
**

以前の
Appreciation(感謝)とGratitude(感謝)の違いについての記事にもありましたが

ワクワクするのに今までのことは何ひとつ関係ない。
感謝するのに理由は要らない
受け取ることにも理由は要らない
幸せを感じることに条件も理由も要らないなんて
素晴らしいことですね!

serenaさんはアメリカにお住まいなんですね!エスターとバッタリ会える機会があるかも知れませんよね!?
わたしは物凄い波動らしい(笑)クルージングに参加してエイブラハム&エスターに直接感謝のハグをしたいです。
英語わかんないので話は通じないでしょうけど。特にエイブラハム&エスターはものすごい早口だからサッパリ聴き取れないことは必至でしょう(笑)

canoより

Serena さんのコメント...

hitomiさん
許容可能にする術ですか。
かっこいいですね、確かにそちらの方が正確なのかもしれませんね。
瞑想は、私も心が落ち着きましたよ。
私の場合はエイブラハムの音声より、ここで紹介してる音楽の方が
落ち着きます。。。。

Canoさん、
引用して頂いた部分は、本当に素晴らしいですよね。
これを教えているのはエイブラハムだけじゃないので、
共感できる人は多いと思います。。
是非クルージングに参加してください!
ただしホットシートに選ばれた際にはハグは禁止です~。
エスターが覚めたらエイブラハムが消えちゃうから
触れたらダメだし、
WS中は休憩時間も話しかけちゃダメらしいです♪

匿名 さんのコメント...

Serenaさん
あ!!そうですよね…
エイブラハムはチャネリングですものね(・_・;
あまりに自然にエスターが話をされてるから普通に(?)考えてしまってました。
では、感謝の気持ちを伝えることにします。(でも通訳さんか誰かと一緒にいかなくちゃいけませんねw)
クルージング参加は夢のようですが♪ワクワクしながら受け取りたいと思います(o^^o)

canoより

匿名 さんのコメント...

Serenaさん

いつも、素敵な訳をありがとうございます。
@音声で聞いている者です。

★の有無に関係なく、なぜか「受け取りモード」には魅かれ、ついコメントしてしまいました。

「受け取りモード」と言えば、もし、和訳の前の原語が「receiving mode」であるなら、他にも、「受け取りのモード」と訳して、エイブラハムの教えをブログで紹介されている方もおられますので、「受け取りモード」で完璧な訳だと思います。

日本で出版されているエイブラハムの和訳本は、新しいのが出ないため、新しい情報は、Serenaさんから紹介して頂いているワークショップでしか知ることができません。

そして、これはあくまで私の感想ですが、日本で出た本は、どちらかと言うと基本的な部分について説かれたもので、最近のワークショップが、それを踏まえた応用編かなあという感じがします。

ですので、receiving modeについても、その前段として、最も重要なものの一つとして、Art of Allowingが説かれ、この訳語として「許容可能にする術」(もっとも、訳者によっては違う訳し方がされていますが)が当てられている感じだと思います。

で、結論ですが、私は耳から聞いていて、Serenaさんの翻訳について関心することがとても多く、全幅の信頼を寄せていますので、これからも楽しみにしています。

hitomi さんのコメント...

わかります!
私もここの訳は疑ったことがありません。
自分の非肉体的部分は自分とつながりたがっている、という言葉に励まされました。
結局人生は今しかないのだから、今ソースと繋がって共同創造していきたい!!(*`ω´*)

赤本に書いてあったのですが、私は何回も生まれかわってきている、そのなか、今回の人生経験を追加したいと思い、参加したという言葉を思い出しました!こうなると失敗も含めて、全部貴重、オールおっけーやなと!( ^ω^)

Serena さんのコメント...

匿名さん
ありがとうございます。
ちょっと安心しました。。。(笑)
でも、添削してくれる人がいないので、
何か間違ったら、
そのまま一人で突っ走ってしまいそうです。
このブログは自分のために書いているので、
くれぐれも自分の間違いにみなさんを巻き込まない
ように気をつけまーす(笑)

翻訳版は限られているのですね。
エイブラハムおよびエスターは
翻訳版にあまり気乗りではないようです。
言葉そのものに気を取られて
内容のエッセンスが忠実に伝わらないことを
懸念しているようですよ。

rubia さんのコメント...

こんにちは

更新ありがとうございました♪

過去の自分に向き合わずとも、今の自分の気分に注視すること。
今の自分の気分がこの先の未来を作っていく。

エイブラハムの内容は、過去の自分のトラウマに向き合わなくていいと言っていますね。

東洋思想だと、過去の自分の行いや受けたトラウマを外すことで楽になる…?な内容も多く、思い出したくない事を考えたりするのにいい気分になれないわけで。

ほんの少しホッとしたり、解放された気分になるだけで波動が上がるっていうのが大好きです。

serenaさんの訳は、とても素直に入ってくるし理解しやすくて大好きです♪同じ言葉でも、解釈は人それぞれ。
同じ羽の仲間が読んでると思って、これからも更新してくださいね♪

Serena さんのコメント...

Rubiaさん
ありがとうございます。
過去にこだわらないところが私も好きです