2015/08/22

失恋と未練 :(



男性:
最近、恋愛を終えたんです

エイブラハム:
服役を終えたみたいに?
(会場爆笑)





男性:
1年半一緒にいる間、
彼女のことは愛していたけれど
僕は自分のキャリアに集中したかった。
僕が目標や夢に向かって頑張って
彼女を優先させないことがずっと
問題になっていて、そうこうしてるうちに
彼女が別れを告げてきました。

エイブラハム:
彼女はあなたを変えられると思っていたんですね。
あなたは素晴らしい恋愛経験をしました。
そして、ここに座ってる。。。
それで?

男性:
彼女が僕にきっぱりと別れを告げて前進し、
誰か(違う男性)に近づいていったときにはじめて、
僕は失ったものの存在に気づいたんです。
自分の世界のすべてが彼女になってしまって。
彼女以外のことは何も考えれなくなって
しまって。。

(会場笑・ありがちな話。。)

エイブラハム:
恋愛をしているときに、
相手への愛が無条件でないと、
相手のここが嫌、あそこが嫌、ここも苦手、
と思いはじめてきます。

相手の嫌なところが目について
自分の気持ちは少しづつ離れていってしまう。

でも、相手があなたの傍にいなくなった
後でも、「嫌な部分を見ていたときの波動」
はそこに存在しています。
彼女がそばにいるとか、いないとかは
無関係なのです。
へんな話に聞こえると思いますが、
あなたの今の感情、喜びや悲しみは、
あなた内面によるものなのですよ。

物のありがたさは、
なくなってみないとわからない

(You never miss the water till the well runs dry. )
という言い方ますが、
あなたが嫌だと思っていた部分が物理的に
なくなってしまったというのに、
違う意味で居心地が悪いのは、
今となっては、彼女の良かった部分に
意識が行ってしまうから。
(彼女がいてもいなくても、

それほど幸せに感じられない)

あなたはこの恋愛関係において、
こうだったらいいな、ああだったら
いいなという願いのロケットを放ってきた。

望んだものはなんですか。

男性:
コメディ俳優になるために
頑張る自由が欲しかった。

エイブラハム:
彼女に頼られたくなかったのですね。
でも今は、ちょっと頼りたくなっている。
恋愛関係において、片側が少しばかり
重荷に感じるような依存はいつでも
存在しがちですが、

男性:
僕に始終依存するのではなく、
もっと自分の時間を大切にしたり、
自分の友達と出かけて欲しかった。

エイブラハム:
彼女にも自由になってもらいたかった。
そういうことですね。
そうした「願い」は、すでに
宇宙に届いています。

男性:
恋愛中は、まあ、よかったんです。
でも最後の方になって、
僕があまりに変らないものだから
彼女が「この関係は続けられない!」と
諦めてしまった。。

エイブラハム:
あなたが彼女を優先にしないから。
彼女を自分の人生の一部にしたかったけれど
人生そのものにはしたくなかった。

男性:そうなんです。

エイブラハム:
それが変わったのですね?

男性:
もう完全にオシマイだと言われた瞬間に
それが変わってしまった。。。

エイブラハム:
でも、今、彼女が戻ってきたら、
また同じことの繰り返しになるだけ。
恋愛においてあなたが欲しいものと、
彼女が欲しいものが基本的に違うのだから。

彼女が完全にいなくなってしまった今、
彼女のことを恋しいと思うのは
とても当然のことですが、本当に
自分と彼女の波動がマッチしてると思いますか?

・・・・

幸せでないとき、心が晴れないとき、
理由は一つしかない。

それは彼女の存在の有無ではなく、
あなたが、自分自身と調和していない、
ということ。

あなたの内面(魂)は、あなたが
どういう人間で、何を求めているのか、
ちゃんと知り尽くしています。
彼女があなたの恋人になりえないと
分かっている。
たとえ彼女を取り戻したとしても
本当の幸せを期待することができないと。

彼女が去ったから
辛い思いをしているのではないのですよ。
あなた自身(魂)が、
本当に欲しているものを知っているのに、
あなたがそれに気づいていなくて、
違う行動を取ろうとしているから、
喜びを見いだせていないのです。

自分が本当に求めている女性像は、
すでに波動の世界で現実化されています。
恋人だけではなく、あなたの俳優としての
方向性とか、健康、お金、将来のこと。
そんな自分の「夢」が、
波動の世界で現実化されています。
そしてあなたの魂は、あなたの意識を
そちらに向けようとしてくれているのです。
なのにあなたは違うことを見ているから
ズレが生じてしまっている。

今するべきことは、
目の前の条件的なことに目を向けないこと。
恋人が戻ってきたら幸せになれる。
そんなふうに持っていると、
結局、自分に負担がかかってしまい、
本当の意味での幸せを感じることができません。
恋人やお金、仕事の存在に、自分の幸せを
託さない。

男性:
確かに、最後の方で僕はもう、
彼女と別れてしまいたかった。
そして結局、それを引き寄せてしまった。
だから、今さら彼女を恋しがってるのかどうかも
分からなくて。。

エイブラハム:
恋愛の楽しかった部分を恋しがっているのです。
とても自然なことですよ。
だけど、妥協しなくていい。
何かに我慢する必要なんてない。
理想の女性は、ちゃんと現れます。

宇宙に任せましょう。宇宙が見つけて、
出会う方法を教えてくれる。
あなたは、そのチャンスを受け取るだけ。
そのために、無条件の幸せを見つけることが
必須なのです。

我々はときどきこうアドバイスします。
恋人と別れてしまったとき、相手と一緒にいた
ときのときめきを思い出してください。
そうしたら、そうした気持ちにさせてくれる人が
また現れるからと。

でもあなたの場合はちょっと違う。
なぜならあなたが望んでいる女性は、
これまでの恋人とは違うタイプの女性であるべきで、
次にはもっと高い波動を得られるはずだから。

エスターの古い友達の1人に、
サンディエゴの美容室でヘアをやって
くれる女性がいます。とても可愛らしくて、
ずいぶん長い間、恋人を欲しがっていました。

年に数回、サンディエゴに行くたびにその
美容院に行くのですが、そのたびに彼女は
恋人が欲しいとエスターに訴えます。
それでエスターは、
「巡り合えると信じてないと、
出会うのは難しいのだから
絶対に巡り合えると信じて!」
と答えていました。
そしてしばらくして美容室を訪れると、
素敵な人に出会えたことを
報告してくれました。

出会いなんて、面白いものですね。
昨日までいなかった人が、突然現れる。

「そこでもない、ここでもない、
あそこでもない、あの場所でもない。。
あ、あそこにいた!!!」
まるで魔法みたいです。。
でも、魔法でもなんでもなく、
出会えると信じて、
波動の準備が整っていたから、
出会う方法を引き寄せただけ。

でも多くの人たちは、
「ここでもない、あそこでもない、、
なんか寂しい、孤独だなぁ。。
そこにもいない、あああ、悲しい!」
と気分を低下させながら、
時間を無駄にしてしまう。

寂しいと思うことは、
あれこれと考えない!
そうした気分に浸らない。
そんな状態でいるのだったら、
波動を浄化させましょう。
いい気分でいられる場所を見つける。
前向きな気分を持続させれば、
運命の人がいる場所や時間に導いてもらえる。
「動かされる」ようにして出会うことができる。

そのときにあなたは、
「わあ!理想の人だ!」と思うはず。

その人は、
あなたがこれまでの恋愛経験の中で感じた
悲しみや絶望感とはまるで正反対の感情を、
あなたに与えてくれるような人なのですよ。
それが、宇宙の法則なのです。


2015年8月ボストンで行われた
エイブラハムのWSの対話relationship jail
の一部をもとに書きました

0 件のコメント:

Welcome!