当サイトは、米国在住で日本人女性のセレナがエイブラハムの動画を紹介しているサイトです。すべての記事は直訳ではなく、省略したり大雑把な訳になったりしています点、ご了承くださいませ。はじめての方はエスター・ヒックス著の書籍を読まれることをおすすめいたします。
*現在はエスターのエピソードのみ、たまーに更新中

2017/12/06

優柔不断さを続けていると。。



質問者:
軽い願望についての話がありましたが、
それって猫にも通じることですか?

エイブラハム:
いいえ。
引き寄せの法則には、
あてはまらない例外がいくつかあります。
セミナーの終わりに、5ミリオンドルの別料金で
「法則があてはまらない例外物のリスト」を
入手することができますよ。
(会場・失笑)


いえ、もちろん、すべてにあてはまります。
猫と人間の違いといえば、
猫は人間より周囲に影響されることがない、ということ。
人間はみな、猫みたいになるべきなのです。
(会場・笑)

女性:
何ものにも邪魔されない睡眠を
望んでいるのですが。。。

エイブラハム:
ついつい猫を起しちゃうのですか?
どうしてもかまっちゃう?
(会場も女性も笑)

。。。。。

本当にそんなこと聞くために
はるばる来たのですか?
(みんな爆笑)

まあちょっとからかっただけですが、
猫に邪魔されて眠れないとき
どうしたらいいのか分からないのですね。

女性:
本当に困り果てているんです。
すごくイライラしてしまう。
そして、そういう自分の感情に気づく。
明け方の4時にはじまるんです。

エイブラハム:
猫にしてみたら、外にいることの方が自然なのでしょう。
好きなときに好きな場所に遊びに行けるし、
もっと楽しいことが待ち受けている。
明け方に小動物を追いかけて自分でお腹を満たすこともできる。
そうしたらあなたは悩むこともなくなるわけですが、
少なくとも寝室のドアを閉めることはできますか?

女性:
ドアは閉まってるんです。

エイブラハム:
で、猫は寝室の中?それとも外?
(会場・爆笑)

女性:
外です。

エイブラハム:
猫はあなたと一緒にいたんですね。

女性:
それか、もっと餌が欲しいか。
遊んで欲しい、もっと餌が欲しい。。

エイブラハム:
そんなとき、どうするんですか。

女性:
黙りなさいっ!って叱るんですが
もちろん猫が聞くわけもなく。

エイブラハム:
あなたは、自分が
そうなってほしい現実に注意を向けてると思いますか?
それとも、そうなってほしくない現実の方を意識している?

女性:
うーん。

エイブラハム:
嫌な現実がドアをひっかいてるとき
望む現実のことを考えるのは難しいと
言いたくなることでしょう。

猫はそんなふうにあなたを躾けちゃったのですね。
鳴けば夜中でも餌を与えてくれる。
猫はあなたの叱り言葉なんて聞こえません。
わざわざ起き上がって与えてくれた餌の方に
意識を向けるだけです。

まずは、決断しましょう。
そしてそうなったときのことを感じてみる。
「私は誰にも邪魔されずに眠る!」
と決めて、いい気分でそれを実行するのです。
その決断と波動を合わせるということです。

猫のいない人にとってみれば
馬鹿らしい対話に聞こえるかもしれませんが
どんなことにも通じることです。

軽い願望の方が叶いやすいのは、
抵抗感が小さいからですね。
抵抗感が小さいと、受け取りやすくなる。
もっとも抵抗感を持つことなく
気分よくできる行動を探しましょう。

猫は明け方に餌が欲しい。
あなたは眠りを邪魔されたくない。

その状態で、
もっとも抵抗なく気分よくできる行動は何ですか?
起き上がって餌をあげること?
あるいは、
意地を張って、絶対に勝てないその戦いに挑む?

その次はどうでしょう。
餌をあげてからまた寝ればいいと決めて、実行する。
あるいは、おバカな猫を徹底的に無視して
寝不足になり、翌日にグダグダと愚痴をこぼしてまわる。

どうなりたいのかを決めてしまえばいいだけなのに、
どうしていまだにウダウダと悩みの沼地に
はまりこんでしまっているのかといえば
自分の望みは分かっていても
猫の機嫌もとりたいから。
自分の望みはおいておいて猫の言うことを聞いてしまう。

猫を誰かにあげてしまうこともできる。
ドライブウエイに連れ出して
自分の愛車で引いてしまうこともできる。
でも、それらはもっとも抵抗が少なく、
気分よくできる行動ではないですね?
(会場・笑)

女性:
まさか!

エイブラハム:
猫の顔にまくらを押し付けることもできる。
でもそれだって答えではない。

あなたさえ決断すれば
猫の行動だってそれに見合ったものになってくる。
決断していないものだから、
猫に影響力を与えることはできないし
それどころか猫の方があなたに影響を及ぼしているということなのです。

つまりあなたの猫は
あなたの優柔不断さを象徴しているということ。
自分の気持ちより
猫の気持を優先させているし、
自分をいい気分にさせることより
猫のご機嫌を取ることに熱心になっている。

猫の方はとっても明確に生きていますよ。

明け方にあなたのドアをひっかくとき
「こんな時間にひっかいてもいいかなぁ?
寝不足になっちゃったら悪いなぁ。
でもお腹すいちゃったんだもん。」
なんて思ってませんから。
(会場・爆笑)

猫はちゃんと決めてるのです。
(会場・大拍手)


2017年10月にアトランタで行われた
エイブラハムのWSから。
拍手と笑いに満ちた短い対話です♪

ちなみに、「猫の行動がみあってくる」とありますが、
もちろん他の方法で状況が改善されることもあります。
私も愛猫の悪癖に色々悩まされることがありつつも
この対話のような波動でいたら、
ピン!とくる解答に巡り合えって今のところ
無事に解決されています。
どんなにグーグル検索しても見つからなかった答えが
目の前にあったことに気づいた。
それを指摘してくれる人がいた。
つまり、「必要としている情報をちゃんと受け取れた」
と思っています。
感謝♪

7 件のコメント:

まゆこ さんのコメント...

Serenaさん、こんにちは。

 最近外でお茶をしながらこのブログを読むのが私のほっとする時間になっています。エイブラハムの本も持っていますが、Serenaさんの文章はとても分かりやすく、そしてとっても温かみを感じるので何度読んでも楽しく、新しい気付きにも出会えます。「次に新しい記事が出たらお礼を言いたい」と思っていた矢先のアップだったので興奮してしまいました。  

 今回は猫のお話でしたが、我が家にも猫が2匹います。まだ飼い始めて間もない頃、本で猫のことを色々調べていたら(正しい餌の量や健康状態など)猫と心がつながっていないような感覚になったので、読むのをやめたことがありました。

 あの頃はまだエイブラハムを知りませんでしたが、今思えばお医者さんの意見を鵜呑みにして自分が猫をどう思いたいのか、どう接していきたいかがまるっきり抜けていたのだと思います。

 一匹は以前血液検査で不合格の結果が出て、そのあと何度も検査をしましたが結果はいつもダメ。

 エイブラハムの本で「飼い主の波動がペットに影響する」ことを知り、「この子の健康はこの子に任せよう!」と考えを変えたら検査結果が合格になりました!

 エイブラハムの理論が大好きですが、半信半疑な自分がいるのも確かなんです。でもきっと今の私もオッケーだし、疑いが確信に変わっていく過程も楽しいんだろうなと思ってます。

 その過程のひとつとしてSerenaさんのブログに出会えたことに感謝してます!これからも楽しみにしていますっ!!!
 

匿名 さんのコメント...

素晴らしいお話を、シェアして下さって、
ありがとうございます。

こちらのブログを、
何度も読み返していますが、
例外はない。という事を、改めて噛み締めました。

全ては「自分」
「自分」「自分」「自分」
自分の、思考と感情に、一層の関心を持って過ごそうと決めました。

いつも、貴重なお話をブログにしてくださって、
ありがとうございます。

Haru さんのコメント...

Serenaさん、更新ありがとうございます。

今まさに、この質問者さんと同じ事で悩んでいましたので、とても参考になりました。

自分軸がブレてしまったとき、Serenaさんの過去記事を読ませていただくと、すぐに自分軸に戻れるような気がします。

いつも、ありがとうございます。

serena さんのコメント...

まゆこさん、
素敵な感想ありがとうございます。うれしいです。
まゆこさんの波動の変化で愛猫ちゃんの健康状態が変わったなんて素晴らしい!!!
エイブラハムは科学的なことや難しい分析を一切持ち出さず、いつも同じような言葉でまとめるので、半信半疑になったり物足りない人が多いのも分かる気がします(笑)

匿名さん
コメントありがとうございます。
例外は、あって欲しい気もするけれど、やっぱりないんですね。
そしてすべては自分。まさにその通りですね。

HARUさん
お悩みが解決されるといいですね。
私も猫の夜泣きにずっと悩まされていたんですが、突然解決しました。
今は別の悩みが。。浮上してきましたが(涙)
コメントありがとうございます♪

匿名 さんのコメント...

更新の記事が出て嬉しいです。
自分の気持ちを最優先にして
「決める」の実行を昨日したばかりです。

ここからはちょっと個人的なことですが
私の家の前に
母親(80代)と独身の息子(50代)が住んでいるのですが
まさに、迷惑を顧みずドアをひっかく猫のような人たち。

私の日常を覗き見たり
プライベートな質問をして来て
アルバイターの独身の息子との結婚を押し付けてくる
母親は馴れ馴れしく相手の気持ちを察する能力が全くないタイプ。
その息子は内気で根暗なタイプ。

挨拶さえも無視しているのに
しつこくしつこく挨拶してくる。話しかけてくる
挨拶しないと文句を言ってくる。
そんな母親と待ち伏せして接触してくる息子に
ここ2年間ほど悩まされていました。

それまで、
迷惑していることを伝える勇気がなく、
また相手を傷つけたり、
こちらの本音を言ってしまったら
それをご近所に言いふらして
私自身の立場がなくなるのでは・・・と危惧していました。

それでカウンセラーの友達に相談したところ
「ありのままの気持ちを伝える」
自分の気持ちを最優先させることの大切さを
アドバイスしてもらい

今までどんなに嫌な思いにさせられたか手紙に書いて、
相手方の玄関ポストへ投函。

誰に何と思われようがいい!
もう、この件はすっきりさせる!・・・と決めて実行しました。


面白いことに、行動した後は
気分スッキリ、波動アップした感じです。

相手を思いやる優しさや、後先のことを心配する思考は
自分を優柔不断にさせますね。

ありのままの気持ちを伝えて
恨みの感情を増幅させない。

猫のように、自分の感情優先主義は
波動アップの秘訣にもなる気がしました。

匿名 さんのコメント...

あ、追伸です。
それから、わび状が届きましたが、
かなり鈍い親子なので、これからの動向はつかめません。
でも、大家さんや弁護士の友人に相談するという
おどし文句も文面に盛り込んでいるので
こちらがストーカーレベルで迷惑していることは伝わっているようです。

でも、人の顔色をうかがってしまう犬のような自分が
猫のように行動できたことに
自分で満足しています(笑)

serena さんのコメント...

匿名さん
コメントありがとうございます。
2年間も迷惑をこうむっていたとは大変でしたね。
大きなストレスだったと思いますが、解決に向かっているようでよかったです!
匿名さんがしたことはまさにエイブラハムが言ってることでもあって、
行動したあとに悩み続けるのではなく、満足して波動がアップしたというのが素晴らしいです♪

amazon



人気記事