Welcome!

2017/03/10

17.18.19 怒りの感情

男性:
怒りの感情が大きくて、
そこに勢いがついてる状態です。
普段から色々考えながら、
しょっちゅうムカっとしたり、
どうやったらリベンジしてやろうかとか、
つい考えてしまう。
だけど、もちろん、そんなことしても
いい気分にはたどりつけないわけで、
この勢いをどうしたらいいのでしょう。


エイブラハム:
引き寄せの法則でもっとも大切なことは、
どんな思考にせよ、
17秒間それについてじっくり考えていると、
それと同じような波動が新たに作動するということ。

「僕は17秒間それを考えて、
怒りの感情がこみあげてきた。
そして、さらに似たようなことを17秒間考え、
また似たようなことを17秒間考え、
17、17、17、17.。。。と、
どっぷり浸かってしまったものだから
怒りの波動どんどん大きくなって
今は激怒で体が震えるくらいだ。
この勢いをどうやって止めればいいのですか?」
というのがあなたの質問ですが、

今のあなたの状態では「最高にいい気分!」
のレベルまでにすっ飛ぶことはできないわけです。
疲れ果てて眠ることはできるけれど、
朝になって目が覚めたときには多分、
またその感情を拾い上げることでしょう。

目が覚めたその瞬間こそが
勢いを弱めるチャンスなのだから、
その日にしたいなと思うことを
リストアップしてみてください。
それだけでも、少しばかり気がそれて、
怒りの勢いが和らぐものだし、
問題を解決しようとするのではなく、
少しでも気分が和らぐことを探すのだと
しっかりと決心してください。


自分は何が好きなんだろう。
嬉しい気分になれるのはどんなとき?
ちょっといい気分になれるものは??
と考えてみる。

あなたにとっては何ですか?

男性:
僕は。。。。植物が好きですね。
庭いじりとか。

エイブラハム:
すごくいいですね!
植物って、あなたの思考に
まったく興味を持ってないところがすごくいい。
(会場・笑)

お水ちょうだい。崇めて。ほっといて。
お水ちょうだい。崇めて。ほっといて。
(会場・笑)

男性:
だけど怒ってる最中はアドレナリンが放出して。。

エイブラハム:
そんなときは、見届ければいいのです。

孫娘のケイトがまだ小さかったころのこと、
かなり大規模なスライダー(滑り台)で
子ども達が楽しく遊んでいるのを見て、
自分もやってみたいと言い出しました。



それで2人がよっこらしょ、よっこらしょ、
と階段を登って登って登って登って
ようやくてっぺんに辿りついたとき、
そこがあまりに高い位置だったものだから、
ケイトは、階段を下りたい、と言い出しました。

じゃあ、しばらくここで様子を見ましょうと、
とエスターは言って、
後から来た子たちに順を譲っていたのですが、
その姿を見れば見るほどケイトはやっぱり
滑りたくない!と心を固めてしまったのです。

なのでエスターは。。。。。
ケイトをそこに座らせて、
軽く背中を押してしまいました。
(会場・爆笑)

勢いがついたらもう戻れないということを
知っていたし、
せっかく上ってきた階段をまた
せっせと降りることなんて
したくなかったから。
(会場・爆笑)

(滑り降りて)
ちょっと気分がすっきりしたら、
今度はそこにフォーカスする。
気分が和らぐようなことを
こまめに考え、そこに浸ることで、
それがデフォルトになるように仕向けていく。

男性:
もちろん、怒りに浸り続けるなんて
ことはしたくない。
心が破れそうな気持になるし、

エイブラハム:
その勢いに乗り続ければ
誰かを殴りつけたり
傷つけたりしかねません。

望まないことを知って初めて、
望むことを知る。
でも、何を望まないのか
はっきりとさせないうちに
感情だけを高めていってしまうと、
何を望むのかを怒りに満ちた声で
叫び続けるだけになる。
つまり、受け取ることができなくなる。

でも、あなたは、
法則を知ってるじゃないですか。
何に意識を向ければいいのか、
ちゃんと理解している。
17秒間の波動のことも。

もちろん、辛い状況にいるときは、
始めの一歩がすごく難しいかもしれませんが、
ひとたびやり始めれば、
すぐに効果も現れてきます。

あなたの波動の状態を教えてくれるもの。
それが感情。
少しでも気分が良くなってきたら、
波動が上昇した証拠。
そして、現実が変わってくる。

この世で一番最初に飛んだ飛行機は、
あなた方が昨日乗ってきた飛行機ほど
高性能だったわけでもないし、
天高く飛べたわけではないのです。
それと同じで、今すぐに、
幸せいっぱいの高い場所に行きつけなくても、
今この瞬間を大切にする。

目を閉じて飛ぶのではなく、
宇宙の法則を使いながら、
行きたい場所へ飛行していけばいいだけのこと。

一歩、一歩、また一歩。
少しづつ、踏み出してみてください。
すると宇宙が、
そこが今のあなたの場所、
そこが今のあなたの場所、
そこが今のあなたの場所
としっかり見守ってくれるから

私はこの場所のここが好き!
私はこの場所のあれが好き!
私はこの場所の、それも好き!

私はこの場所の、
これに感謝しているし、
私はこの場所の、
あれをありがたいと思っている!

私はあの場所にいないけれど、
そこにあるあれが好き!
私はその場所にもいないけれど、
そこにあるそれも好き!

そんなふうに、意識してみる。

そうした感情をコツコツと積み重ねてゆくことで、
波動に勢いがついてくるし、
怒りの波動にとって代わって、
それがデフォルトになってくる。

あなたが、色々な体験やチャンスを探して
歩いてゆくその足取りは、誰も邪魔することが
できないのですよ。

★2013年4月にメキシコのクルーズWSで
行われた対話をもとに書きました。
人気の動画のようです。
changing momentum of anger

5 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

Serenaさま
すぐに探してアップして下さって
私は今読みながらSerenaさんの優しさで涙が止まらないですお気持ちが嬉しくて嬉しくて
この記事にこのような形で出会えたことも私には奇跡です。感謝でいっぱいです、ありがとうございました。

Serena さんのコメント...

匿名さん、
いえいえ、こちらこそ気づきをありがとうございます。
匿名さんにもびっくりする奇跡も起きているんですね!!
その調子でお互い色々と受け取っていきましょう~(笑)

匿名 さんのコメント...

Serenaさん
いつも素敵な訳をアップしてくださり、ありがとうございます。
Serenaさんのおかげで、これまで出版されたエイブラハムの本だけでは、恐らく掴みきれなかった、行間の部分というか、コツらしいものを沢山教えて頂いた感じです。

今回の怒りとは、真逆の波動なのですが、rampage of appreciationに関する記事を、いつか読んでみたいと思っています。
もちろん、リクエストなど、ご負担を掛けるものではなく、いつの日か、何の記事を載っけようか、特に決まっていない時に、そう言えばと思って頂けたらありがたいかなと。
これからも楽しみにしております。

匿名 さんのコメント...

Serenaさん、記事のアップいつもありがとうございます。とても楽しみにしています。

私の場合は怒りではなく、不安と悲しみなのですが、この方と同じく、良い気分を保たなければならないのはわかっていても、どうしてもネガティヴな気分から抜け出せず、そんな自分を責めてしまったり、望まない事を創造しているのではないかと心配したりと、何だか負のループにはまっていました。

ですので、今日の記事はそんな自分を許してもらえたような、ほっとした気持ちになりました。
ありがとうございます。

Serena さんのコメント...

引き続き、コメントをどうもありがとうございます!!!