エイブラハムのWS動画を日本語で紹介しています。更新が遅れていてごめんなさい。過去記事がお薦めです!


Queenbee Mindfulness Coaching

いきづまった親子関係 【エイブラハム】


男性:
10年ほどかかりましたが、
今になって思うのです。
元妻や娘と会話することが、
とても簡単になったと。


エイブラハム:
10年もかける必要は
なかったのです

男性:
ええ、
あなたはいつもそう言ってますね。
元妻も娘も同じなのに、
素晴らしい変化があった。

どうしてなのでしょう。

エイブラハム:
誰が変わったのですか?
彼ら?あなた?

男性:
僕です。

息子の方は、
まだ僕と喋りたがらない。
それとも、
僕がそう思ってる?

エイブラハム:
どちらもその部分があるのでしょうが
もっとも大きな原因は、

あなたがそれを
認識しているということ。

男性:
準備ができていない?

エイブラハム:
というより、
会話をしていないという
事実を認識していて、
その波動が現実化しているのです。

だからといって
彼のせいにしたり、
自分を責めてはいけません。

ちょっと時間がかかってるけど
すべては大丈夫という気持ちを持ち、

息子は自分に似てるんだ。
と思ってみる。
まあ、事実なんでしょうけれど。

男性:
うはは。。
(会場・笑)

昨日、私の元妻、
つまり息子の母親が
僕に言ってきました。

感謝祭はどうするの?
カードでも書いて息子に渡して
一緒にコーヒーを飲みながら
会話でもしてみなさいよ。

エイブラハム:
だけど一番大切なのは
あなたとあなた自身の波動の関係です。

他人の意見を聞いて
自分の行動を変えるのではなく、
自分がしたいことをする。

現実に起きていることの波動に
影響されると
つまづいてしまうだけですよ。

そこに留まっている限り、
希望する世界はやってきません。

現実ではなく
近い未来に目を向けましょう。

こうした家族問題の場合、
それが難しいのであれば
問題そのものからいちど離れて、
まったく別の、
楽しいことを考えてみる。

息子さんのことを考えるとき
楽しい気分になりますか?

男性:
ええ。ほとんどの場合はそうです。

エイブラハム:
そうですね。

でも、本心を言うなら、
ときどき、
といったところでしょう。

男性
いや、ほとんどの場合はそうで。。

エイブラハム:
ノー。

男性:
ノー??

(会場爆笑。コメディみたい)

エイブラム:
答えはノーです。

息子さんのことを考えるとき
楽しい気持ちになりますか?
と尋ねましたが、
楽しい気分になるのは
あなたがソースと繋がり
ソースの目から彼を見ている
ということですよ。

男性:
ほとんどの場合はYESで。。

エイブラハム:
NO!
NO!
(会場・笑)

あなたの言うことが本当であれば、
息子さんとの仲は
いまごろ、もっとよくなっているはず。

あなたの意識しないところで、
波動はそうなっていないのだから、
それについてここで本心を話して
ください。

彼のこと、本当には
どう思っているのですか。

男性:
うーん。。。(困ったかんじで)

エイブラハム:
でしょう?

あなたはやっぱり現実を見つめて
物事はそう簡単には
変わらないだろうと信じている。

あなたは、自分が
ステップ1をすでにやったと
思いますか

男性:
どうでしょうね。。。
難しいな

エイブラハム:
いやだなぁと思ったとき
その反対を望むものです。

息子と素晴らしい関係を
取り戻したい!

あなたはすでに
そう願ったはず。

それがすでに、
波動の世界に創造されたと
信じることができるなら、
あとは受け取るだけです

受け取りモードになればいいだけ
です。

そう簡単になれないのであれば、
この問題を手放してみる。
すると抵抗がはずれて、
受け取りモードになれるというわけです。

あなたの元妻が
もっと頑張りなさい、歩み寄りなさい、
カードを書いてコーヒーに招いて
もっと会話してみなさいよ。
とアドバイスして
色々行動するよりも、

まずは自分の思考癖をつきとめてみる。
その波動が大きくなって
現実化していたのだから。

息子と不仲だ!
という現実のドラムを打ち鳴らし続けてれば
その現実が続くだけなのです。

☆先月、サン・アントニオで行われたWSの
対話の一部を、いくつか省略しながら書いてみました。
直訳ではありません








Be First to Post Comment !
コメントを投稿

ご感想メッセージありがとうございます!何でもお気軽にどうぞ。(時間がかかることもあるようです_(._.)_)