あなたの感情は?

あなたの感情は?
「感情のガイダンス・スケール」はエイブラハム・ヒックスによるものです

2016/11/18

やりたいことを探すコツ



女性:
私は仏教の尼で、
色々なワークショップを
開催してきました。


でも、あなたの
「人生からのサプライズを受け取りましょう」
という言葉を聞くうちに、
禅や仏教などのテーマにこだわった
ワークショップを辞めたいと思うようになりました。

今は、仏教から抜け出るところで、
今後は企画しながらやっていくワークショップを
サプライズに導かれる類のものにしたいと
思っています。


エイブラハム:
今していることを辞めたいと言いましたね。
それは、いい波動でもないけれど、
したくないことを認識する、ということは
やりたいことを知るという上では
大切なことです

何をしたいんですか?

女性:
アセンションできるような
ピュアなソースに戻るワークショップしたい
仏教とかの枠にはまることなく。

これまでと違う新しいことをする。
どうなるのかわからなくて、ちょっと
不安はあるけれど。。
ボルテックスを空にすることはできますか。

エイブラハム:
あなたが自身が、
スタートポイントなのですよ。
ソースは、あなたがどこかに焦点を置くのを
待っている。そして、
その反応を起こしてゆくわけです。

(仏教などの)枠を見るのは
悪いことですか?
そこに焦点を当ててから、
自由に動き回ればいい。

女性:
でもあなたのアウトラインが
純粋なソースなのに対して
私のアウトラインはドグマや禅なのです。

エイブラハム:
あなたが今に意識して
自分自身にチューニングしていれば
ぴったりとしたインスピレーションは
必ずやってきますよ。

完璧な環境を探してから
動き回るのではなく、
動き回りながら
完璧な環境を整える。

あなたが今いる位置に留まりなさいとか、
辞めなさいとか、そういうアドバイスを
しているわけではありません。
事実、そうした行動は無関係でもあるのです。

何かを得るために
何かをしなければならないという
思考設定を変えること。

すでにたくさんのものが溜まっていて、
あなたはしょっちゅう
自分自身とチューニングしている。

だから、
パーフェクトな環境を捜しに行かない。
ときどき、それに近いことがやって来たら、
認識する。楽しむ。

それがやって来なかったら、
それも認識する。

そして、
それらがやって来たときの感覚を
キープする。そうすることで、
もっともっと「いいこと」を
呼び込むことができるから。

女性:
瞑想や静寂さを通して
ソースにチューニングするとき、
感じることができるんです。

感情的にはソースを感じることが
ちゃんとできる。。。

エイブラハム:
心が高鳴ってきたとき。
それだってチューニングしているということです。
何かを知りたくなった、やってみたくなった、
そんなふうに興味を持ち始める気持も。

沢山の人たちは、
ソースは静寂さの中だけにあると思っている。

我々が瞑想を薦めるのは、
ゴチャゴチャしたマインドを鎮めるため。
そして、波動を高めるため。
すると、思考が流れ出す。

そんなとき、人間は、
その思考を消そうをする。
でも、ソースの「思考」を感じて欲しいのです。

何かを考えているときに、
ドキドキやワクワクを感じ取ったら、
それは、
あなたの思考とソースの思考が
ブレンドしているということなのですよ。

瞑想を教えてきていますが、
瞑想をだらだら続けるより、
感謝の気持ちに浸って欲しいと言い続けています。

瞑想は抵抗感を外すことができるけれど
感謝の気持ちを持つと
あなた自身がフォーカスとなるから。
それを目指して欲しいのです。


*ここで言う感謝(Appreciation)については
過去記事を参考にしてください。
2つくらい載せています。

*2016年9月に行われた地中海クルーズの対話の
一部。かなり省略しています。

3 件のコメント:

千秋 さんのコメント...

いつも拝見させていただいています。Serenaさんのブログに随分と助けていただいています。
毎朝こちらのブログをみるのが日課です

ただいま、大きなコントラスト真っ只中で(苦笑)
どうみても現実は、望んでいた結婚生活が壊れたのですが、それでもどこかのんびりと、「まぁ、大丈夫」
「まだ、大丈夫」と思っています。

この、大丈夫!っていったい何にたいして思っているのか?とふと考えてしまいました。
夫との関係にたいしてなのか? 自分自身にたいしてなのか? はたまた??

この漠然とした大丈夫! こそがいつだって大丈夫、って事なんでしょうか?
考えすぎてしまいコメント投稿してしまいました。

しかし、それはさておき・・・ 本当はいつもSerenaさんにお礼がいいたかったのです
いつも優しい翻訳ありがとうございます。 本当にいつも助けていただいています
これからも楽しみにしておりますね

Serena さんのコメント...

千秋さん
素敵なコメントをありがとうございました。
なんだかジーンとしてしまいました。
大変な時期なのですね。
でも、言ってること、よくわかりますよ。
私もちょうど1年前は経済的なコントラスト真っただ中で
かなり悲惨でしたが、千秋さんみたいに、大丈夫!という信念に支えられました。
その後すぐに受け取りモードになって
この1年間は信じられないほどたくさん受け取り続けて
今は別世界におります。
その「大丈夫!」という気持ちはただものではありません!!!
考えすぎなくていいのです。
どうぞ大切にして過ごしてください!

千秋 さんのコメント...

Serenaさんありがとうございます。 
こちらこそジーンですよ

いま、この瞬間から受け取りモードにはいったような気がするくらいですW
この、なんだかわかんないけど、大丈夫だとおもうんだよねーを大切に、日々お気楽にいこうとおもいます。

いつも本当にありがとうございます、では新しい記事拝見してきますね(^^)