Welcome!

Welcome!

2017/05/22

瞑想、そして、満足感



女性:
最近、ラップミュージックを崇めるように
なってきたんです。
(もちろんエイブラハムが今年に入って
何度も何度もしつこく繰り返している
エピソードのフィートバック。過去記事参照)

昨日14歳の息子と6時間半運転しながら
ずっとそれを聞いてたくらい。
(会場・笑)


アラバマの例の彼が有名になったら
きっと息子が見つけると思うから、
そのときは報告しますね。

エイブラハム:
彼はラッパーとして、きっと成功するはずですよ。

女性:
私は、次のステップへの閃きを受けるのが
上手にできてると思います。
大きな展開もちゃんと受け取れている。

エイブラハム:
準備ができていないものを
欲しがって飛びつこうとしたり、
それができないからといって
不満や悲しみを感じるのではなく、

準備ができたことを受け取って
そこでしっかり満足できている、
ということですね。

今、ここで満足できるものを見つける。
それで十分だと感じる習慣をつける。
すると、次のものを受け取る準備が
自然とできる。

次のもの、次のもの。
そんなふうに満足しながら次々に受け取って、
展開させていくうちに、
行きたかった場所にいるということに

気づくことでしょう。

女性:
ちょうど今朝、
知人が聞いてきたんです。

あなたたちは数年前に
大きな家を欲しがっていたけれど、
結局どうなったの?って。

そういえば、私達は数年前、
とある家を欲しがっていて、

その願いは叶い、無事に購入して
あのときの願いのことなど
忘れてしまっていたわけですが、

まさにそんなかんじなんです。

探し回るということはしなかった。

あの家の広告を目にして、
「ああ、こんな家に住むことができたら!!」
そう思って、手放した。

そしたら、まもなくして不動産屋が、
ある物件を見せたいと
夫に言ってきたんです。

知人でもない不動産屋が、なぜ突然?と
聞かれると困るのですが(笑)

その家についてみると、
「わお!」という感じでした。

特に、新しい家が欲しかったわけじゃなかった。
でもその家は、私達が望んでいたものすべてを
持っていたし、自分が望んでいたのだと
知らなかったようなものでさえも備えていたんです。

スカイラインの景色が見えたり、駐車場が背後にある。
そういう家を自分達が望んでいたなんて
これっぽっちも知らなかった。

エイブラハム:
スカイラインの景色を見て
どんな気持ちがしましたか

女性:
とにかく素晴らしくて。。

エイブラハム:
それじゃあ、
あなたは知っていたということ。
あなたには、「素晴らしい!」と感じるものを
受け取る準備ができていた。
その詳細が、後から分かることであっても。

受け取る準備ができている人でも、
詳細まで受け取る準備ができていなことがある。
そんなとき、詳細ばかりつつこうとすると、
混乱しはじめてしまうこともあるから、
あなたは、普遍的な素晴らしいものを
受け取る準備ができていたということです。

女性:
夢の家を現実化させるなんて
我ながらすごいことだと思うのだけど、
私にとっては特にすごいことでもなかった。

ちゃんと次のステップがくると
心から信じていたから。

そして。。

エイブラハム:
(また遮って参加者に向かって)
彼女の言葉をよく聞いてください。

欲しいものが特別なのだと意識をした時点で、
それはなかなか現実化しない。
自分自身の準備がまだできていない、
ということだから。

あなたがいる場所がすべてだし、
十分なのですよ。
今いる場所で満足できなければ、
ある種の抵抗感が生まれ、
波動が純粋なものではなくなってくるし
いい勢いだって失われる。

そうした抵抗感を消すために
毎日、少しづつ瞑想を続けていけば、
その瞬間、瞬間の満足感が、
あなたの人生そのものになる。
あなたが望んできたもの、欲してきたもの、
それらが現実化されるきっかけとなるものが、
日々の体験の中に現れてくるようになる。

女性:
私はあんまり瞑想をしないんですが

エイブラハム:
瞑想は毎日続けることによって
効果があるものなのですよ。

瞑想することであなたの中心に戻れるし、
再起動することもできる。
本当のあなたに戻って力を蓄えることもできる。

かつてジェリーは、
エスターが瞑想したかしないかとちゃんと見分ける
ことができたものでした。
(会場・笑)

瞑想することは(Meditated)
服薬することほど(Medicated)
エスターに効果的だったのです。
(会場・笑。 座布団一枚!)

ものすごく大きな違いがありましたよ。
瞑想すると、気楽になり、
すんなりと流れに乗ったような運転ができて、

あ、やだー!!!!!
と急ブレーキをかけることもなくなってくる。

エスターが瞑想していない日など、
ジェリーはエイブラハムに
運転してくれと頼んでいたものでした。

(会場・笑。
この夫婦はかつてWSも各州をRVで運転して
回ってたほどで、エスターは車好きで有名)

「疲れているだろう。ちょっと休んで、
エイブラハムに運転させたらどうだい?」
と、キリキリしているエスターに言ったものです。
その方が、自分たちの生存率が上昇すると
知っていたのでしょう。

女性:
閃きに従う生き方にとても興味があるんですが、
頭の中は会話で忙しかったりする。
あんまり聞かないようにはしてるんですけどね。

エイブラハム:
その会話が、
望まないものについてのお喋りだったり、
聞いてると不安になるようなものでないのならば
大丈夫ですよ。

受け取りモードになっていれば、
思考を受け取ることになる。
しかもその思考は一つではない。
あなたは、それらを一つ一つ聞いたり、
それに従って行動するようになるわけですが、
すべてが繋がっている、ということです。
いい気分でいるのならば、
スピードを遅らせることもない。

昨日のことです。
エスターはホテルの部屋で
ルームサービスを頼みました。
準備ができるまで45分ほどかかりますよ、と
言われたので、海を見下ろすバルコニーに座り、
美しい景色を眺めながら潮風を肌で感じ、
久しぶりに会った姉との会話を楽しみ、
極上の時間を過ごしていました。
時計を気にすることもなかったのです。

しばらくしてエスターがふと気づき、
「バルコニーにいたら、ノックの音が
聞こえないかもね。」
と言いながらドアのところに行ったら、
まさにその瞬間に、
食事を運んできたホテルのスタッフが
ノックをしようとしていました。

それが起きることを分かっていたので、
エスターたちはちょっと笑ってしまいましたが

自分とチューニングできているとは、
そういうことなのです。
自分にとって大切なことは、
ちゃんと認識できるようになる。

女性:
自分の中で、ちょっと引っ張り合いしている
部分があって。。。

例えばの話なんですが、
冷蔵庫を開けて、ある食べ物が目に飛び込んできて、
あ、これを食べよう!と思った瞬間、
「だめだよ、違うものを食べる予定だったじゃない」
と別の声が聞こえてくる。

エイブラハム:
受取った思考と、
あなた自ら考えている思考の違いについてですが、

あなたが自分ときちんとアライメントしていれば、
最初に目が留まったものは、
あなたの内面(インナービーング・本当の自分)が
求めているもの、ということなのですが、
あなたはこれまでの習慣から、
自分がずっと信じてきた思考にそれを
書き換えようとしてしまう。

そんなときは、
「あ、やっちゃった」とちょっと笑って、
翌日にまた瞑想をすればいいのです。

そうすれば数日後には、
あなたは頭の中の会話を聞くこともなく
食べたいなと思った物を、真っ先に
食べていることでしょう。

冗談めいて言っていますが、
自分が信じてきた思考に書き換えてしまう癖は、
脳の手術でも受けない限り
すぐに治るわけでもありません。

そうやって書き換えてしまっても
自分を責めるのではなく、
ちょっと笑って、
受け取った閃きの方に従ってみる。

ただし、
あなたに瞑想の日課がないうちは
内面(本当の自分)から閃きや思考を
受け取るということが

一体どういうことなのか、
理解することが難しいことでしょう。

あなたの内面(インナービーング・本当の自分)は、
あなたの望みをちゃんと理解していて、
それを叶える行動に導こうとしてくれている。
それを受け取るためには、
それを防御するような思考をなだめなければ。

エスターもそのプロセスを熟知していますが、
だからといって、思考が止んで
何か閃きを受け取るたびに、
新たに本を書こうとは思わない。
事実、もう、書きたいとも思いません。
もちろん、閃きを受けて
どうしても書きたくなったら
そうすることもあるかもしれませんが、

今のエスターが瞑想するとき、
彼女が最終的に求めるのは、
満足感を得られる思考。
そこに浸ることで別の満足感に導かれ、
最後には、ワクワクすることに辿りついてしまう。

閃いたことを(思考)をやりたくなって
行動に移してゆくと、
素晴らしい1日が展開される。

しかも、
そうやって受け取りモードになることで、
あなた自身が誰かのステップ2になることだって
増えてきます。

誰かが何かを必要としているときに、
あなたがその場に居合わせて、
情報をあげたり、手を差し伸べたり、
何かを貸してあげたり、
そんなことを、喜んでしてしまう。

あなた自身が、他人のソースエネルギーに
なってしまう。
そうした創造だって
充実感や満足感に満ちているのですよ。

反対に、あなたが走り回って
自分を必要としてる人を探し回ってばかりいたら?
あるいは、誰かのために何かをしよう。
でも、それは何なのか?と探し回ってばかりいたら?
喜んで与えるという行為のタイミングだって逃してしまうし、
そんな状態のときに誰かから頼まれたり求められたリしても、
肝心のあなた自身が、あまりいい気分にはなれない。

さっきの例で言えば、夢の家に住めたとはいえ、
その願いがすっかり叶うことはないのです。
生きてる限り、絶対に。
なぜなら、その家に住みながら、
これがこうだったらいいな、とか
ここがこうだったらいいな、
と次々に望みが生まれるから。

完全に叶いきる、ということはないけれど、
満足はできますね。

今に満足して、十分だと思うことで、
現実化の願いが、手放される。
そのときに、閃きが訪れて、
あなたの人生は、
もっともっともっと豊かになってゆくし、
もっと素敵な出会いが訪れるし、
どんどん楽しくなってゆくのです。

そうやって、
体験を重ねて人生が色濃くなってゆく。
また新たな体験をする。
でも、完璧にやり遂げるということなどない。

女性:
瞑想について教えてください。
一番良い時間帯は?

エイブラハム:
いつでもいいのですが、
頭の中がすっきりしている朝が一番良いでしょう。
できれば1人になれる静かな場所が最適です。
あまり面白味のないホワイトノイズ(水滴や冷房の音)
に意識を向けて、あなた自身と、
その音だけの存在を感じる。

そうしているうちに、体の感覚がなくなってくる。
そして、思考が現れる。

その思考を、受け取ったのだろうか?
もしも答えがYESだと思うなら、
そこにしばしフォーカスしてみる。
それを、毎日繰り返してみてください。



★2017年3月25日にフロリダで行われた
エイブラハムのWSの対話の一部をもとに書きました。
この対話は長いので、ところどころで省略しています旨
ご了承ください♪

7 件のコメント:

千秋 さんのコメント...

こんばんわ、serenaさん。 いつも楽しみにしています!
瞑想について、ホワイトノイズもことをエイブラハムが話していらっしゃることにびっくりしました。
ホワイトノイズってあの集中力アップするとかの、あれですかね?サーっという音みたいな・・・
なんだか、あれで瞑想ってちょっとドキドキするかもw  
どうも、日本映画の貞子の登場シーンのイメージがあったりしますが・・・明日やってみようとおもいますw

serena さんのコメント...

千秋さん
こんにちわ。
ホワイトノイズという言葉そのものをエイブラハムは使っていないので
誤解があったかもしれませんが、
わざわざ人工的な物を用意するということではなく、
雨音とか、水滴とか、冷房や冷蔵庫の雑音(まさにその、サーっという音など)
など、部屋の中から聞こえてくるものでOKだということですよ。

もちろんエイブラハムの瞑想CDやら音楽でもいいわけで
方法は一つではありませんが、
これなら気軽にすぐにできますね。

匿名 さんのコメント...

いつもありがとうございます
今回の話もすごくよかったです!!感謝!!

Flutist さんのコメント...

Serenaさま
こんばんは!数か月前からSerenaさまの過去のブログの中でポイントとなるものをメモしていたら、ノート1冊が終わってしまいました!今後の自分のためのバイブルにしていこうと思います。ありがとうございます!
今回のブログでの「欲しいものが特別なのだと意識をした時点で、それはなかなか現実化しない。」、この言葉、今の私にぐっさり来ました。今、良いなと思っている人がいるのですが、なかなか会えず、会えないと思っているのが抵抗でそれで、自分でブロックを築き、自然に特別なものと思っていたのかもしれません。
大きく変わるには、本当に「大変」なんですね。
最近、私の担当するクラスの学生が騒がしいのも、実は私の心の内面をまさに現象化しているのではと思っています。私の脳内の会話のノイズが学生の騒がしさになっているような。
ホワイトノイズという言葉、初めて知りました。
毎回、長々とコメント失礼いたします。

serena さんのコメント...

匿名さん:
コメントありがとうございます。

Flutistさん:
コメントありがとうございます。
ノート1冊ですか!過去記事もたくさん溜まってきましたね。
先生をされているのですね!
クラス内の騒がしさについてはエイブラハムも
過去記事で触れていましたね。とても興味深いです。

Flutist さんのコメント...

Serenaさま
そうですね。先日はとっても嫌なことがあり、月曜日の朝からムカついていましたが、
Sereneさまの過去の記事に、自分に嫌なことをした人には「I love you]とキスしなさい?みたいなものがありましたよね。それを思い出して、自分に「気づき」がありました。それでもムカつきましたが。
クラスの学生は、少し?沈静化?しております(笑)
つぎのブログも読ませていただいています!

Flutist さんのコメント...

Serenaさまのスペルを間違って書いて失礼いたします。続けてすみません。