Welcome!

Welcome!

2015/12/27

もう少し多く叶えるコツ



女性:
初めてホットシートに座ったのは4年前。
ハワイのクルージング・ワークショップ
のときで、
人生で最もマジカルな1週間でした!


その後、私と夫、娘2人は、
日常的に旅を続けたい、
という夢を実現させるために
RVに乗りこんで旅立ちました。
ちょうど3年前のことです。


















私たちは、
とっても素晴しい人生を送っています。

何かを願うと、
それがちゃんと送りこまれてくる。
焦りなどもなく、気楽にできて、
簡単なほど。

で、それについてなんですが、
物が欲しいと願うとき、
それは必ず与えられるんですが、
必ずといっていいほど
必要をやや上回る分量なんです。

たとえば、
誰かに何かをしてあげるために
500ドルが欲しいなと思ったとする。
すると、501ドルの現金が現れる。

RVを乗り換えるとき、
42フィートの車が欲しいと願ってたら
42.5フィートの車が入手できた。















願ったものは、心地よい状況の中で、
必要な分量でやってくる。

でも、。。。
決してスケールが大きくない。

もしかして私の波動がちょっと
違うのかなと思っています。


エイブラハム:
ジェリーとエスターのマントラは

「すべてはいつだって、うまくいく。
どんなにひどい状況に見えたって、
結局はすべて、うまくいく。」

それを繰り返し言っています。

どんな状況にいようとも、
自分の願いや希望を
ソースはちゃんと理解しているから大丈夫。
状況が変わらないのは、
自分が受け取れてないだけなのです。

あなたの意識によって、
受け取ってゆく流れの速さや
進んでゆく方向をコントロールすることが
できるのですよ。
望んでいることを事細かく考えて
抵抗感を持ってしまうのか、
気持ちを大きく構えて待ち、
すんなり受け入れるのか。。

準備ができたときに、
ボルテックスは、与えてくれる。
あなたの準備ができた分量だけ、
与えてくれるのです。

準備ができていなければ、
無理やり与えられることはない。
そういうことです。

「いつだって、ほんの少し
余分に受取ることができている。」
という感じ方は悪いことではありません。
自分には準備ができている、
という認識だから。
準備ができていないけれど、その分も欲しい!
という惨めな波動とは違います。

(もっとスケールの大きいものを
受取りたいのであれば)、
その準備を整えればいいだけのことです。

たとえば、
自分の感情にもう少しだけ注意をはらう。
もう少しだけ気楽にいく。
ネガティブな気分が生じてきたら早めに対応する。
感情のバランスに気をつかう

今のあなたの波動のバランスが
崩れているとは思えませんが。
準備ができないうちに、
受け取ることはできないし、
受取らない方がいいのです。

今の現状にあまり満足できないなぁ。。
と思ったとき。
なんとなくそう思っただけであっても、
ネガティブの波動が生まれてしまう。
それに気づかず慢性化してしまうと、
ネガティブが現実化してしまう。

だから、
今、波動の上で
自分がいる場所を認めて、
それはそれでいいのだ、と思う。
ねぎらってあげる。
そして、前進していることを、理解する。

ボルテックスに波動を合わせることで、
すんなりと受け取ることができる。
もっと大きな物が欲しいと思ったら、
そこに波動を合せる。
でも、なかなかできないというときは、
準備ができていない証拠。

合せようと努力すればするほど
逆効果で、もがけば反逆されてしまう。

それじゃあ、
どうしたらいいのか。

一度、手離してみるのです。
悩まない。
努力しない。
その代わりに、
今この瞬間の感情を整える。
今の自分の人生において、うまくいっている
ことを10個あげて、それについて
考えてみる。

あなたは冒頭で言いましたね。
じぶんの人生が好調で、
願いがちゃんと叶ってると。
欠乏感を持つ代わりに
そうしたことを考えて、
喜びや感謝、満足感の波動の中にいれば
いいのですよ。




エイブラハム・ヒックスのワークショップ
When you want to attract more
をもとに書きましたが半分ほど省略
してます。時間がなかったようで、さっさと
終わらせていましたが、
質問者はきっとすんなり理解しているのではと
思います。

ちなみにRVは、
キッチン、ベッド、シャワーなどがついた
家のような大型自家用バスです。
旅先では決められた区域に駐車して電気やら水道を
繋いで使用できるので、移動ホテルみたいなもの。
便利だけど狭いので、ここで移動生活ってのは
私には考えられないけど、家族全員の夢が一致してるって
素晴しいですね。

0 件のコメント: