あなたの感情は?

あなたの感情は?
「感情のガイダンス・スケール」はエイブラハム・ヒックスによるものです

2015/04/27

チャンスを逃してしまったら?



男性:
「エイブラハム、あなたは間違ったことは起きない、
と言いましたが。。。。」

エイブラハム:
「そのとおりです。もしも今の状況が、自分の願望と
違う方向に進んでいるなぁ。と思ったら、それは単に、
まだ叶ってない状態ということ。


願望が現実化する手前の、
一時的な状態だということ。
それが延々と続くわけではないのですよ。」

男性:
「そうだとは思うんですが、
そうそう簡単に信じられないというか。。。」

エイブラハム
「物事がうまくいかないときに不信感に陥るのは当然のこと。
それを間違いだ、と呼びたくなるのも分かります。

でも、それは、「起きて欲しくないこと」であり、
決して「間違い」ではないのです。
そして、一時的なことです。

男性:
「詳細は話せないんですが、
人生に一度しかないようなチャンスを逃してしまったんです。
とうとう願いが叶うと思ったのに。。。」

エイブラハム:
「すべての道が閉ざされた、ということではありません!

ちょっと欲しかったんだー、といった程度のものではなく、
長いこと求め続けていたものを得るチャンスを
逃してしまった喪失感の大きさで
気持ちが揺らぐのは分かります。

人生で一度きり。
少なくともあなたにはそう思えるような
機会だったんですよね。

本当のことをいえば、
実はもっと大きなチャンスを得るために
あなたはそれを失ったのです。

それに、こんな話はよく聞くでしょう。

大成功を収める前に大失敗したり
大きなチャンスを逃してしまった人のこと。

歴代の有名人にしても、普通の人でも、
そんな話はごまんとあるではないですか。

欲しいものを頭に描き、それを
明確なエネルギー(波動)に変えるには
多少の練習時間が必要なこともあります。

落胆した気分に焦点を当てていると
ますます「叶わない」
状態を引き寄せてしまいます。

チャンスを掴めなかったその
苛立ちはよくわかりますが、
くよくよ考えても仕方ないこと。

あなたが今すべきこと。
それは、次のチャンス(船)に備えて、
受け入れる準備を整えることです。
本当に、次々にやって来るのだから。




逃してしまった船について
未練たらしく周囲に不満を言っていると
あなたは欠乏感の波動を出して、
せっかくやって来た次の船も逃してします。

欠乏感に囚われない。

宇宙を信じて、いい気持ちで過ごしていたら
あなたの波動は必ず上昇していきます。

船は、いつか、必ずまた来る。
そういう姿勢でいてください。




 Can you "Miss" an opportunity?
(エスター・ヒックスのワークショップ) をもとに書きました。