あなたの感情は?

あなたの感情は?
「感情のガイダンス・スケール」はエイブラハム・ヒックスによるものです

2015/04/22

恋愛が苦しくなってきたときの対処法


女性:
「どうして誰かを愛すると
胸が痛くなったり、
傷つきやすくなるのでしょう?

その人を失いたくなくて
執着してしまう。
たとえその人を失っても
やがて時がたてば
自分にぴったりな人を
宇宙が引き寄せてくれるのだと
分かってるのに。。。」



エイブラハム:
誰かを心から愛しているとき、
あなたは自分の魂とぴったりと
調和している状態です。

とても「いい気分」に浸り
何をしてるわけでもないのに、
楽しくなってきます
前向きな気持ちの状態ですね。

恋愛が始まったときは、
特にそんなワクワク気分が
生まれますよね。

相手のことが好きだなと思ったら、
もっと色々知りたくなる。
しかも、いいところしか見たくないから、
欠点には少し目をつぶってしまう。

その前向きな気持ちに拍車がかかり、
ますます自分の魂と調和して
いい気持ちになったり、
ときめいたりします。
恋してるときは楽しいし、
そんな自分が好きなのです。

しかも、
相手が自分を愛してくれて、
スペシャルな気分にしてくれて、
まめに愛情表現をしてくれたり、
メールや電話をしてくれたり、
色々と気にかけてくれると、
ますます気分が良くなってしまう。

相手が色々してくれるから、
余計にうれしい。

だけどあなたは、
その嬉しくてハッピーな気持ちを
自力で保っていくべきなのですよ。

相手がしてくれるから、という幸せは
長続きしません。

だって、相手は四六時中
あなたの相手を
してくれるわけじゃないでしょう。

彼または彼女が仕事で忙しくなって
連絡してこなくなったり、
他の人に目移りしたり、
もう好きじゃなくなった。。。
なんで言いだしたらどうなりますか?

あなたは一瞬にして
「いい気分」でいることから
転落するはず。

それどころか、

もう私のこと愛してないの?
前はあんなにマメだったのに。
あんなに夢中になってくれてたのに。
あんなに私のことを見ていてくれたのに。

僕は、遊ばれたの?
利用されただけ?
僕のどこがいけなかったの?

などと
混乱、悲しみ、怒り、落胆、
そんな気分に陥るはず。

でも、

あなたを幸せにすることは
相手の義務ではないのです。

それなのに、多くの人たちは
もっと幸せに浸りたくて、
相手から愛情を求めてしまいます。

相手から愛情を与えられることによって
いい気分に浸り
幸せになって
自分が認められた気持ちになって
本当の自分と簡単に調和できるから。

それが、執着とか、
依存というものなんです。

相手が少し離れると、
私をまた幸せにして!
前みたいに愛して!
いつも、そういうふうに、
私をかまって!

そんなふうに思ってしまう。

相手の行動をコントロールすることは
絶対に不可能なのに、
相手を自分のいいなりに
することができない痛み。
愛して欲しいときに
自分の思い通りに
愛してくれないときに生じる痛み。
多少はそういったものが生じます。

あなたが毎日、
幸せな気分になれるように
朝から晩まであなたの心を気にかけてくれる人など
この世にはいません。

かりに、もしもいたとしたら、
どうでしょう。
あなたのことを四六時中愛して、
ずっと見守ってくれる相手。

そんな人がいたら、
あなたは逆に窒息しそうになって
恐怖すら感じて
逃げだしたくなるはず。

相手を解放し、
どんな状況でも幸せを感じられるように
今の状態に満足したり
感謝したりできるようにすること。

自分で幸せな気分になることを覚え、
誰の助けも借りず、
自分自身をいい気分にさせてあげる。
その上で恋愛するのが、
理想的なんですよ

なぜなら、
自分がそういう状態でいると、
引き寄せの法則は
同じような波動の相手に
めぐり合わてくれるから。

すると二人は互いに
幸せを感じるために
相手に依存することもなく、
相手に期待したり
自分を幸せにする
重荷を負わせたりすることもなく、
したがってへんな執着をすることもなく、
純粋に楽しみを体験できる
素晴しい関係を築くことができるのです。


★エスター・ヒックスの公開
ワークショップ
what is the recipe for true love?を
もとに書きました。